深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

ハッピーエンドな種を超えた恋物語

昨年の公演のDVD

明るすぎる劇団・東州定期公演の、今回のラストの演目は「白熊」という、これまたユニークな内容の物語だった。( ̄∀ ̄;)

原作となるシナリオは、「蜥蜴」「バッタに抱かれて」に続く、次回3作目となる戸渡阿見先生の短編小説に入るという噂だけどね。

主人公である雌の白熊と、ある人間の男との恋物語なんだけど、先日お花見に行ってきた、ワールドメイトおすすめの吉祥寺が舞台になっていた。
2人(?)の出会いは吉祥寺にある、とある美容院から始まるんだけど…。

その美容院に行きつけのある男性が、髪をカットにやってきて、そこになんと美しいメスの白熊が現れ、毛並みをセットしてもらっているという、とてもシュールな展開で進んでいく。

白熊の二の腕のふさふさした白い毛をブロ—する、熊語がわかるという美容師の仕草は、かなり大うけだったけど。∑ヾ(⌒ε⌒;)

そこからだんだん恋が芽生えて、というより白熊さんから人間の男に積極的にアプローチするんだけど、とってもファンタジーなムードになっていく…。

最後は井の頭公園を舞台にドラマチックな展開になるんだけど、そこに集う若者たちのリアクションやパフォーマンスが可笑しくて、またまた大爆笑の連続…。

そして最後に人間と白熊の不思議な恋が成就するんだけどね。

そこには地球温暖化によって、住むところが無くなった白熊が日本に派遣されるという、何かそういう社会風刺が込められている気がした。

でもそれを、長い間プラトニックな哲学的な恋しかできず、恋人ができなかった主人公の男性が「あなたと会えたのも、地球温暖化のおかげです」なんて軽く言えるところが、この物語をハッピーエンドな、温かいものにしているのかもしれない。d=(⌒〜⌒) =b

なんともいえない感動の余韻が心地よい、ファンタジックな恋物語なんだよね〜。
バックに流れる深見先生作曲の「ムー大陸」の旋律の美しさが、さらなるロマンチックな世界に誘うという、とてもおしゃれな演出もあった。

それにしても、白熊に扮した葉子ヨコハマさんのメークがとってもかわいかったね〜。( ̄∇ ̄;)
byあんこ

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術