ワールドメイトっぽい日々

ロンドン・パラリンピック閉幕!

ワールドメイトでは、いろいろな福祉活動を行ったり、支援活動をしている。

また、ワールドメイトの深見東州先生は、「宗教者としての、弱者救済の立場に立った、慈悲慈愛の実行」の精神にもとずき、ワールドメイト以外の公益団体においても、スポーツや芸術、教育、学術などの公益活動を積極的に行ってこられた。

20年以上におよぶ、世界的なブラインドゴルフの推進活動も、そのなかのひとつと言える。

残念ながら、ブラインドゴルフはパラリンピックの正式種目になってはいないけど、開催中だったロンドン・パラリンピック大会が、9月9日、大成功のうちに閉幕した。

 

大会組織委員会のセバスチャン・コー会長は記者会見で、「われわれは新しいスターを生み出した。皆さんの周りにもパラリンピックに感化されたと話す友人が大勢いることだろう。パラリンピックに関心を集めようというわれわれの当初の目的は果たされたと思う」と、連日大勢の観客でにぎわった大会が成功したとの見方を示したそうだ。

さらに、「チケットはこれまでに270万枚が売れた。また、100か国以上で放送されるなど、報道はこれまで以上で、毎日、新聞の1面をパラリンピックのニュースが飾るのをすばらしいと思った」「こうしたことが人々のパラリンピックや障害者への見方を変えることにつながったと思う。できないことではなく、できることへ目を向けるようになったと思う」と述べたそうだ。

 

 

今大会は日本選手も活躍したけど、中国や開催国の英国初め、多くの国が選手強化に取り組んでいたようで、かなり苦しい結果になったようだ。

良い成績をあげることだけが、真の目的ではないとは思うけど、これを機に日本選手の国をあげた強化の必要性が叫ばれているそうだ。

もし2020年に、東京オリンピックが決まるようなことになれば、その動きは否応無しに加速するのだろうけどね。

 

 

ワールドメイトの深見東州先生が支援されているブラインドゴルフも、そのころまでには、ぜひパラリンピックの正式種目になっていてほしいと思った。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

-ワールドメイトっぽい日々