ワールドメイトっぽい日々

自然の脅威も、国際情勢も、待ったなしの問題をどうするの

アメリカの国務省が、アメリカ人に対して、全世界を対象にした渡航注意勧告を出したそうだ。

複数の過激派が、複数の地域でのテロを計画しているとの情報があるようなので、何とも物騒なことになってきた。

去年の12月に、シドニーで起きた人質立てこもり事件発生を受けて出して以来だそうだ。

でも、今回の方が実感として危険性を感じる人がはるかに多い気がする。ベルギーでのテロ情報や、エジプトやチェニジアでもテロが起きているし、やけに動きが活発化しているのが心配だ。

 

そして、シリアやイスラム国をめぐる問題の解決の動きがややこしくなっている。

トルコが空爆に行くロシア機を攻撃して撃ち落としたそうだ。領空侵犯をしていたと主張していたけど。

背景にいろいろな思惑があるにせよ、こういうことから大きな争いになることもあるし、冷静に対応してほしいよね。

ドキッとする事件だった。少なくとも、シリア問題に影響を与えると言われているので、また問題が増えた。

 

ワールドメイトでは、年末年始に神事が行われるけども、来年に向けて世界の平和について待った無しで解決すべきことを全部祈りたい。

パリの同時テロ事件以降、テロの動きが活発にならないように、シリアの内戦とそれに絡むイスラム国の台頭も解決に向かうように。

本当は空爆なしに解決できればいいけど、空爆で民間人が犠牲にならないことも願いたい。

しかし過激派だけではなく、ロシアや中国などの大国の動きも問題があるし、それ以外にも争いの火種を持つ国が多い。

結局民主的ではない国ほど、さまざまな問題が多い。汚職や腐敗も横行しているし、どうしても危険な問題のある国になりやすいのだろうと思う。

 

世界の腐敗度ランキング

 

世界経済はグローバル化が進み、大きく環境が変わっているけど、国内の政治も今が大きな曲がり角に来ていると感じてる人も多い。

そして世界全体も大きな曲がり角だと思えるし、このままであまり変わらなければ、解決できない問題が次々出てきて行き詰まってしまいそうだ。

自然の脅威だけでなく、国際情勢も待ったなしで問題解決を迫られている。

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々