ワールドメイトっぽい日々

クリスマスの次は、正月をいっしょに!

もうクリスマスは終わったので今更なんだけど、今回の深見先生のクリスマスソングはホントに良かった。

音も、最近のバックバンドが、ロックが得意なバンドのようだし、かなり変わった。

J-ロックって感じになってきてるよね。

 

それはいいとして、いよいよ今年から来年にかけてのワールドメイトの伊勢神業の詳細が分かってきた。

もちろん前から言われているように、最大のテーマは世界経済が恐慌にならないようにという事だけどね。

本屋に立ち寄ってみたけど、ここにきて、その手の危機を警鐘乱打するような本ばかりが、かなり目立っていた。

評論家も、ちょっと危機を煽り過ぎているような気もするぐらいだけどね。

 

でも、実際に恐慌がおきようものなら、今のような普通の生活だってできなくなるだろうし、自然災害やパンデミックとは、また違う種類の恐怖だからね。

そして今のニュースを見てると、相当に世界経済はやばいことになっているように感じてしまう。

 

ただし経済を知るには、政治を知らないとわからないと深見東州先生が、先日のワールドメイトのお話の中で言われていた。

経済学者がいくら予測しても、結局政治によって財政も金融も左右されるし、そこから景気がどうなるかも変わってくるし、国内の政治にも国際政治にも通じていないと、正確な予測も正しい経済政策の実行も、不可能なんだろうね〜、きっと。

だから深見東州先生も、政治家さんたちから、政治のことを直接に学ばれているんだろうね。

そうじゃないと、生きた政治なんて本を読んで勉強してわかるものではないだろうからね。

 

深見東州先生のお話を聞いていると、政治や経済のポイントがよくわかるから、ホントにワールドメイトはありがたいところだと思っているけどね。

そういうことで、クリスマスをワールドメイトで深見先生と一緒に過ごした後は、今年もお正月も一緒に迎えたいと思っている。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々