ワールドメイトっぽい日々

琵琶湖の水中遺跡発見が気になる

琵琶湖で水中遺跡が見つかったと報道されていた。

長浜城遺跡になるそうなので、竹生島にも近いところになるのだろう。

ワールドメイトは琵琶湖でときどき神事をするけどね。

水中遺跡で建物跡が発見されることが珍しいらしく、それが琵琶湖で見つかったというので、何か気になってしまった。

 

その長浜城は、バサラ大名として有名な佐々木導誉が出城を築き、それが元になったと伝えられているそうだ。

ワールドメイト会員にとって必読の書とも言える「太平記」にも、道誉に関するたくさんの逸話が記されていた。

その後は秀吉の大出世の拠点となる長浜城が築かれ、今あるお城は復元されたものだけど、その一帯の遺跡調査はまだ部分的で全貌の解明まではされていないそうだ。

今回は、そんな遺跡の一部として発見されたようで、鎮守だったのではないかと言われている。

 

秀吉は琵琶湖の竹生島の神さまへの崇敬が厚かったそうで、琵琶湖の神様に守られていたんだろうけどね。

栄耀栄華を極め、新しい文化が栄え、一時代を築いてきた。

これからの日本にとっては、ぜひともお越しいただきたい神様だけどね。

 

なを、この建物跡は、江戸時代の後期の地震で水没したものではないかと言われているようだ。

 

琵琶湖底に立ったままの建物の柱 江戸の地震で水没か

 

それから水没といえば、水没する岩礁を強引に埋め立てて人工島を作り、軍事施設にしている中国に批判が集まっているけど、中国は日本の沖ノ鳥島のことを引き合いに出して反論していた。

沖ノ鳥島は干潮時には周囲11キロにもなり、日本は初めから水没しない島としている。

ただ満潮時には、2箇所を除いて水面下になるけど、国際法上の問題はないからね。

その2箇所が海食されないように防止策を取ってるだけで、中国が人口島にしてしまった満潮時に水面下に沈む岩とは違うからね。

そもそも中国の場合は、領有権すらはっきりしない場所でもあるわけだし。

少なくとも日本は国連の海洋法条約に沿って、国際法を遵守しているわけだから、一緒のように言われも迷惑だよね。

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々
    -