ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

とうとうプーチン大統領がここまでの暴挙に出るとは

ずっと、侵攻する意図はない、と言い続けてきたのに、結局は、アメリカが去年の11月から、一貫して言い続けてきた通りの結果になっている。

ウクライナの人たちも、まさかここままで大規模に侵攻してくるとは、ギリギリまで思ってなかった人も多かったようだ。

8年前のクリミア半島への電撃的な侵攻の時とは規模が違いすぎるし。

今回は少なくともウクライナ政府を完全に転覆させるまでやる気のようだから。

プーチンはクリミアを実効支配した時も、あとから、戦術核を使うことも考えていたと、平然と答えていたけどね。

ホントに恐ろしいなと思ったけど、今回も核使用をチラつかせながら、攻め入っている。

NATO拡大への不満や脅威があったとか、昔から目の敵にしていたとか、いろんな背景が解説されているけどね。

欧米の正義がいつも正しいとは思わないし、プーチンの言い分もあると思うけど、主権国家に対し、こんな一方的に侵略するなんて、やはり暴挙としか言いようがない。

しかも、世界のどの国も、国連も何も助けてあげることができない。

大量の核を持つロシアを相手に、自国が攻められでもしない限りは、まともに喧嘩をすることはできないから。

経済制裁を、それも慎重に検討しながら加えるのが精一杯という厳しい現実。

プーチンが、外交や軍事、経済に関するまで、全ての決定権を握っているというロシア。

ロシア内でも戦争反対の声は上がっているようだけど。

ロシア人でも、ウクライナのような兄弟のような国に対して、どうして攻撃をするのか信じられないという人々も多いと思う。

一方では、そんな強硬なプーチンに強いロシアの復活を見て、支持する人もかなりいると思われるのもロシアの現状。

アメリカ政府とロシア政府の間には、歴史的に拭えきれない不信感が醸成されてきたんだろうけど。

しかしどう見ても、過去にロシアがやってきたずる賢いやり方を知ると、信用できる国と思うのは無理があるからね。

結局はその間で、かわいそうなのはウクライナの国民たち。そして、この争いに駆り出され死んでいく兵士たちも。

ワールドメイト会員で、ロシアの侵攻が始まる前から、祈り続けてきた人もいるけど。

自分も祈ることしかできないけどね。

すぐにはそうならないのもわかってはいるけど。いつまでも、このような理不尽な悪が蔓延る世の中が続くことはないからね。

そのことは確信しているけど、今はウクライナの人たちが救われ不幸にならないように、ワールドメイトで祈りたい。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトと国内の動きや世界情勢