「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

3月11日「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私のお話」、素敵な人間になれるお話

投稿日:2016年3月15日 更新日:

ワールドメイトでは、たまに「迎えず送らず」というお話をされる。

とてもいいお話だけど、それと関連するようなお話を、先週の「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私のお話」で、お話されていた。

 

人間に喜怒哀楽があるのは当然なんだけど、神仏にも喜怒哀楽があって、怒ったり悲しんだりされているそうだ。

でも人間との違いは、鏡の心にあるそうだ。鏡の前で笑っていると鏡にも笑った顔が映るけど、そこを離れるともう鏡は元の鏡になっている。

人間は喜怒哀楽の感情が、なかなか忘れられないけど、神仏はいつまでも怒ってないし、いつまでも喜んでいないし、すぐに忘れて切り替えることができるそうだ。

つまり、いつまでもその時の感情に囚われないということだよね。一時は心に感情があっても、鏡の前を通り過ぎたら怒った顔も消えてしまうように、パッと心を切り替えることができるのだろう。

 

これもワールドメイトで聞いたけど、囲碁の名人とそうでない人の違いは何かというと、名人はミスをして打ち損じても、パッと心を切り替えて動揺せず、平然とその後も何事もなかったかのごとく冷静に指していける。

でも普通の人は、ミスすると動揺してそこからどんどんと崩れてしまうと、ある囲碁の有名な人が言っていたそうだ。

失敗してどうしようという気持ちが、ずっと尾を引いているわけだよね。だから目前のことに集中できないし、心が不安な分、戦局がマイナスに働いてしまうのだろう。

 

これは囲碁でなくても、いろいろなことに当てはまる事柄だと思った。

何か嫌なことがあると、それが気になって気になって、他のことに手がつかなくなることがよくある。これも同じことだよね。

鏡のような心を持っていたら、もう通り過ぎたことに関しては、さっきまでは気になっていたとしても、すぐに忘れてしまうことができる。

心を切り替えることができるというのは、これは大事なことだよね。

人間はなんでも記憶しておけばいいというものではないし、忘れた方がいいことも多い。そうしないと、ストレスで死んじゃうよね。

ミスはどんなに優秀な人でも、そうでない人でもするわけだから。

まぁ、忘れては困ることまで、すぐに忘れてしまうようでは、それは別な意味でまずいけどね。

 

そうして鏡のような心でいれる人は、深見東州先生がワールドメイトでたまに話される、氷川清和にある勝海舟の、いつも明鏡止水の心で外交に臨むので、私は外交交渉に失敗したことがないというような、そんな人になれるのかもしれない。

明鏡止水で臨むというのは、一応基本的な考えは持っているけども、あらかじめこうしようああしようではなく、何も考えないで、明鏡止水のような気持ちで相手に会うという意味らしい。

そうすることで、相手が言うことに柔軟に対応ができるようになるそうで、それを外交交渉に失敗したことがないと言ったのだろうか。

 

荘子に「迎えず、送らず」という言葉があるけど、まだ起きもしないことを思い巡らして、ああすればいいのか、こうすればいいのかと心配したり、過ぎ去ってしまった過去に囚われてああすればよかった、こうすればよかったと思うのは止めようということでもあるよね。

來もしないことを迎えて心配したり、過ぎ去ってしまったことに心を送って悔やんだりするなという意味になると思う。

それで禅宗では、刻々に変わる只今を見るんだということで、臨済禅師の即今目前聴法底という言葉にあるように、今、目前でワシの法を聞いている、お前のその心の底は何じゃ〜と迫っていたわけだよね。

昔の禅の修行者は、そこまで追い込まれて、鍛えられていたんだろうね。

 

だから、禅の無学祖元に鍛えられた北条時宗が、元寇で鎌倉の武士が右往左往している時でも、全く怯むことなく、余計なことを思うことなく、鉄の肝っ玉のような意志で率いることができたんだろう。

まぁ、そこまではなれなくても、せめて喜怒哀楽の感情にいつまでも止まらずに生きていけるようにはなりたいものだと思う。

そうすれば、とっても自然体で素敵な人になれますよと、深見東州先生も言われていた。

3月11日「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私のお話」オンデマンドで聞く

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.