world mate happy

深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

今年も進化し続ける、第21回 深見東州バースデー個展

今年も深見東州先生の誕生日に合わせて、第21回深見東州バースデー個展が開催される。

70歳の大台を迎えられる今年は、深見東州の、トリプルとおねん(十年)とって40歳の記念個展ということで笑、「若すぎて、若すぎて、どうしようもないほど若い個展!!」になる。

まぁ、あのエネルギッシュな活動ぶりを知ってるワールドメイト会員からすると、肉体は40歳、感性は20代のような若々しさを今でも保たれているからね。

気力充実というか、神気充実すると、年齢なんて関係なくなるのかも。

 

それにしても年中絵を描ける画家と違って、そんなに絵を描く時間がないほど忙しいのにもかかわらず、毎年、新鮮な新作を発表されてきた。

他にもやることがたくさんあるのに、着実に、絵の技も、画風も進化されているなと思う。

絵の専門家ではなくても、それくらいは見ればなんとなくわかるし。

今年もどんな作風の、新たな絵画が見られるのかな。

 

 

とにかくまったく違う事柄を、同時並行でいろいろできるのが、深見東州先生の超人的な才能の一つだと思うけど、それは何度話を聞いても真似することができない。

 

超能力だか霊能力だか、摩訶不思議なことをする人は世の中にはたくさんいると思うけどね。

本当の超能力は、深見東州先生のような、いくつものことをハイレベルで同時並行でやれることじゃないかと思う。

音楽や絵画や舞台芸術を極めていく芸術的な才能とか、未来を予知し難局を打開しながら、ビジネスで成功する能力とか、それらを同時にできるのが最もスゴい本当の超能力なのかも。

 

ということで今回のバースデー個展は、同時並行で、深見東州ミニコンサートと、バースデー時計宝飾展も開催される。

今回は年末にお台場ヒルトンで開催された会場の、2倍以上の大きな会場のようなので、密になることもなく、ゆっくりと鑑賞できそう。

お台場の会場も相当広い会場で、コロナ対策もしっかりとされていたけどね。

今回はそれ以上に、これでもかというほど対策されて開催されるようだ。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

© 2021 ワールドメイト ハッピー