深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

帰ってきた! アカスリ半田劇場2回目が掲載

今日発売の、スポニチのアカスリ半田劇場は、新聞を読むというお話だった。

12/9スポーツニッポン

 

深見東州先生は、すべてのスポーツ紙、一般紙5紙、英字新聞2種を取っているそうだ。

そうすると新聞代もバカにならないし、溜まってくるともったいないから読まなくてはとなるそうだ。

つまり新聞代とは勉強代であり、自分を追い込むための脅迫代と言われていた。

 

別に新聞社の歓心を買おうというのではなくて、深見東州先生はかなり前からそんな話をされていた。

ワールドメイトでも聞いたことがあった。何かの話では、新聞は情報の宝庫のようなことも言われていたと思う。

 

また、深見東州先生の会社の人たちやワールドメイトスタッフの人にも新聞を読むようにと、昔から言ってきたそうだ。

新聞から情報を得る大切さや、活字を読むことの大切さなど、ワールドメイト会員にも何度か話されていたけどね。

 

それにしても、そんなにたくさんの新聞をとって、自分を追い込んでヤケクソで読むというのが深見東州先生らしい。

何かを勉強するときには、本屋に行って、その関係の本を棚ごと全部買って片っ端から読んでいくという人だから。

ソフトバンクの孫正義も、週刊誌や月刊誌など雑誌を100冊くらい取り寄せて読むらしい。

流行を捕らえるためにそうしているそうだけど、一流の経営者のやる情報収集のやり方は、やっぱりぶっ飛んでいるよね。

今、読まれている記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にい ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直 ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
    -