ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

ゼレンスキー大統領、世界の安全を保障する新たなツールが必要と日本に期待

昨日はゼレンスキー大統領の、日本の国会へのオンライン演説を聞いた。

各国で演説をしているそうだけど、相手の国の特性に応じて、しっかりと内容を考えているようだ。

日本での演説では、さすがにヒロシマの話までは出さなかったけど、核使用へのリスクや原子力発電所への侵攻による放射能汚染への懸念を強く訴えていたと思う。

東欧のウクライナからすると、欧米に比べて日本は遠い国なのかもしれないけどね。

それを踏まえた上で、お互いに自由に対する思いには差はありませんと、生きる意欲にも差はありませんと話していた。

かなり抑えた演説に思えたけど、それでもロシアから自由を守るためには、相手が強国であっても最後まで戦い抜いて勝つと言う覚悟を感じた。

多くの国民が無差別攻撃によって亡くなっているけどね。亡くなった人たちのためにも、祖国を命懸けで守ろうと思っているのだろう。

ロシアとウクライナは兄弟国だと言われていたりするけど、実際はロシア(ソヴィエト)政府によって苦しめられてきた歴史がウクライナにはあるんだよね。

それに加えて今回のゼレンスキー大統領の不退転の決意に共鳴したウクライナ人の士気は、現在非常に高いと言われている。

それから、日本が直ぐに行動してくれたことに対する感謝の気持ちを何度も言われていたのが印象に残った。

日本は地政学上のリスク、あるいは北方領土返還のためにも、ロシアとの関係を良好にしておきたいということで、冷戦終結以降はそれなりの関係を築いてきたと思うけどね。

今、考えると安倍総理も、よくこんなしたたかなプーチン相手に、粘り強く交渉を重ねてきたなと感心するけどね。

まぁ、ワールドメイト会員の自分としては、文化やスポーツの交流はいいと思っていたし、経済交流を深めるのも良いのかなと思っていた。

それで北方領土が返ってくるとは思わないけど、民間の交流が、新たな争いの抑止に貢献できると思ったから。

でも今回の侵略の結果、日本はこれまで築いてきた関係を犠牲にしてでも、すぐさま欧米と共に強いロシア制裁へと踏み切った。

日本は欧米と協力しつつも、独自の路線で行くべきという意見もあるけどね。

ここは、来る台湾有事のことも考えて、欧米諸国と素早く足並みをそろえることが、中国政府へのメッセージにもなり、いざという時に世界も味方になってくれるとの、国益を考えての判断だったのかなと思う。

ゼレンスキー大統領もそのことを理解しているのか、今は自国の悲惨な戦争に直面しているわけだけど、一方で、これ以後も戦争をしようとする侵略者に対しても、「平和を壊してはならない」という強いメッセージを与えることが必要だと訴えていた。

言うまでもなくロシアがやっていることは、人道的な見地から言えば、絶対に許せない、あってはならないことだ。

しかしそれに対して、全ての国が反対を表明しているわけではないし。

人道的な見地から反戦を唱え、ロシアへの圧力をかけている国でさえ、だからといって直接に軍隊を派遣し助けに行くことまではできない。

ロシアの存亡に関わるなら、核を使うことも厭わず、最悪相手を道連れにしても良いと思っているかもしれないプーチンのロシア相手に、自国へのリスクを考えると、 どの国も経済制裁か武器援助以上の一線を越えることはしていない。

NATO加盟国ではないことが大きいけど、これが現代においても、国際政治の厳しい現実なのかと思い知らされる。

今回のロシアの侵略に限らず、これまでも世界ではロヒンギャへの迫害や、シリアでの戦闘、チェチェンでの紛争とか、チベット弾圧など、今回以上に理不尽な大量虐殺や紛争も起きているけどね。

いずれも国際機関では解決できなかったし、多くの死者と、憎しみの連鎖だけが残ってきた。

今回はヨーロッパの白人の国で起きた、しかもロシア正規軍による人口4000万の主権国家への侵略だったからか、これまでの紛争に比べても、圧倒的な報道と批判がなされているけどね。

制裁の規模も巨大だし、ウクライナやロシアの資源や作物などの輸出が難しくなったこともあって、世界の食糧や経済にも影響が出てくるようだ。

それだけではなく環境問題にも影響を与え、核の扱いを含む世界の安全保障の取り組みに関しても、これまでとは違う世界になっていくだろうと言われている。

ワールドメイトでは、今年の3月から世界が変わるとは聞いていたんだけど、ホントにそうなってしまいそう。

今回の侵攻によって、核を持たなければ、現実的に安全保障が成り立たないと言う風潮に世界がなってしまうと、それはそれで将来的に怖い世界になってしまいそうだけど。

核抑止理論や、ましてや核の傘という戦略も、狂気に満ちた独裁者が出てきたら成り立たないだろうし、ワールドメイトで見た、深見東州先生原作のアニメ「サイキッカー・セイザン」みたいなことにならないという保証はないと思えてきた。

ゼレンスキー大統領は、「全世界が安全を保障するために動けるためのツールが必要です。既存の国際機関がそのために機能できていないので、新しい予防的なツールを作らなければなりません。本当に侵略を止められるようなツールです。日本のリーダーシップは、そういったツールの開発に大きな役割を果たせると思います。」と訴えていたけど。

今の国連の成り立ちでは限界があるのはとうにわかっているわけだし、真に世界平和を維持できる機関の必要性が、今後高まっていくといいけどね。それに日本が貢献できるのであれば、さらに良いと思うけど。

とにかく今は1日でも早く戦争が終結し、ウクライナ国民が安心して暮らせる日々が戻りますように。ワールドメイトで祈り続けたい。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトと国内の動きや世界情勢