深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

1400年前の日本が蘇る、オペラ「聖徳太子」を観劇した

オペラ「聖徳太子」は、想像を遥かに超えた素晴らしい出来だった。16日の初日を見てきたけどね。

いやスゴかった。日本のオペラで、ここまでドラマティックで完成されたオペラってあるのかな。他のオペラをあまり知らないけど。

もちろんオペラだからソリストがメインキャストではあるけど、今回はバレエ団のダンサーたちの踊りや舞が、とても効果的に使われていた。

完全にオペラとバレエが融合していたと思う。

バレエと言っても、古典的なバレエではなく、モダンダンス的な踊りだったり、バレエの動きを取り入れた優雅な舞だったり、シーンに合わせて実によくハマっていたから。

それがストーリーをドラマチックで華やかなものにしていたと思う。

オペラは総合舞台芸術なんだなっていうことが理解できた気がした。

さらに3幕で出てくる能が、これがまたオペラの舞台にしっかりと溶け込んでいた。

設定が飛鳥時代の、これから仏教が盛んになっていく時代背景で、救世観音に扮した能楽師が、仏教の宗教性や神秘性をうまく醸し出していたと思う。

3幕での展開にピッタシの演出になっていたなと思った。

さらにそこにバレエダンサーが加わり、オペラと能とバレエが、こんなにも違和感もなく融合する舞台を初めて見た。

第2幕では、聖徳太子の妻である刀自古の演技が涙を誘ったけどね。

オペラ歌手は歌唱力はもちろんだけど、演技力が高くなければオペラでは評価されないだろうから、演技の表現は非常に重要だよね。

蘇我馬子の悪役ぶりも、憎々しい演技がとても光っていたと思うし。

今回の改訂版で新たに加わった秦河勝役の演技も、溌剌としてすごく印象に残った。

みんな演技力が素晴らしくて、歌唱力も高いし、演出の斬新さと面白さを活かせた完璧な舞台だったように思う。

まぁ、これだけ大成功のオペラは、そうそう見られるものじゃない気がした。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術