ワールドメイトっぽい日々

同時期に猛烈な台風や巨大な地震がくるとは

台風14号は、過去に類を見ない規模の台風ということで、進路にあたる地域は相当な警戒体制になっていた。

ただ勢力を維持するという予測に反して、鹿児島に上陸する前から勢力が衰えだし、九州を北上するにつれさらに弱まったため、当初、多くの人たちが懸念していたような大規模な災害には至らずに、昨日までには温帯低気圧に変わって消滅したようだ。

ワールドメイト会員も、台風が収まるように祈っていた人も多かったけどね。

もしもあのまま予測通りの過去に類を見ない勢力で上陸し、そのまま日本列島を縦断していたら、とんでもないほどの壊滅的な災害被害が起きかねない過去最悪の台風になっていたかもしれないから。

そんな、日本で台風が吹き荒れている頃に、台湾の南東部では大きな地震が2度も起きていた。

17日の地震はそれほど被害がなかったと報道されていたけど、翌18日は沖縄の宮古・八重山地方に津波警報が出るほど日本でも一時緊迫していた。

最大震度6強ということで、なぜか日本で使用する震度で報道されていたけど、2回目はマグニチュード6.8だったので、かなり大きな地震だったようだ。

建物の被害がかなり報道されていたけど、死傷者が増えないことを祈ります。

日本を直撃した巨大台風と、台湾を襲った巨大地震が同時期だったことで、少々驚いたけどね。

さらに19日には、太平洋の反対側のメキシコでも、M7.6の巨大地震が起きていた。

いずれも台風や地震がよく発生するところではあるけど。

自然の猛威に連続で起きてしまうと、何かと不安になる人も多いかもね。

自然災害とは全く関係ないけど、地球の反対側、英国ではエリザベス女王の国葬が厳粛に執り行われた。

その様子は世界中に生中継され、40億人以上が視聴する見通しと言われていたけど、世界中からの注目を集めていたようだ。

葬儀には世界中から元首や首脳らが500人も集まっていたし。

深見東州先生が出演されたオペラ「聖徳太子」を16日に観劇した後に、なんだかいろんなことが続いたので、少しモヤモモしているこの頃だけどね。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々