ワールドメイトっぽい日々

来年の今頃は、日本も変わったと言われるように・・

早いもので、今年もまもなく師走がやってくる。

思い返せば去年の今頃は、ようやく原発事故も落ち着いてきて、3・11大地震の後遺症を引きずりつつも、沈滞した気持ちから立ち直ってきた頃だった。

あれから一年、今年は政界再編や政権交替をにらみつつ、日本の将来を決める大事な岐路に立たされているよね。

この衆院選挙での結果、そして来年の参院選挙の結果次第で、これからの日本の繁栄が決まるといっても言いすぎじゃないと思うから。

どの政治家も信用できないし、誰がなってもいっしょだよ、とか言わないで、自分がこれはと思う人に投票しないと。

 

そして本当に先見の明があって、国益にかなうことを決断し、必ず実行する政治家が選ばれてほしい。

それが誰なのかは、ふたを開けてみるまでわからない部分もあるけどね。

だからこそ、ちょうどこの時期に行われるワールドメイトの伊勢神業、ここでしっかりと祈らないといけない気がする。

伊勢神業は国家の隆盛にかかわる一番大切な神事だから。

今の日本にとって、どんな政権が必要なのか、それを思い切りぶつけてみたい。

そして来年の今頃は、いろいろあったけど日本も復活を遂げて、大いに繁栄の兆しが出てきたといわれるようになりたいよね。

 

そもそもワールドメイトに限らず、いろいろなところで、苦しみのあとに大きな成功がきたという話はよく聞くから。

特にどうしようもないくらいにまで落ちてしまったあとに、急につきものが落ちたように運勢が開いた人の話を、いくつも聞いたことがある。

もちろんそれまでに、ある程度の努力はしていて、それなりに実力を磨いていたからだろうけどね。

 

それで一気に花開いたような人が時々いるのは確かだから、日本も震災と言う悲劇を体験し、国家としての底力はあるけどいまひとつぱっとしないという現状から、つきものが落ちたように大きく花開いていってほしい。

今日の夜からのワールドメイトの神事で、そのへんのことも真剣に祈ろうかな。

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々