ワールドメイトっぽい日々

MVPに選出された大谷翔平は、全てを野球のために注ぐピュアな選手

予想通りとはいえ、大谷翔平選手が大リーグのMVPに選出されたことが、あらゆるニュースで大きく取り上げられていた。

いまさらだけど、空前絶後とか、前人未到とか、ユニコーンやアンドロイドにまで例えられた一年だったよね。

表現する言葉が見つからないほどのことをやってきた証拠だよね。

 

 

一つ一つの記録や実績については、野球に詳しい人ほどそのスゴさをわかっていると思うけどね。

自分はそれほど理解してないけど、何が一番スゴいと思ったかと言うと、野球に関心がないような人たちでも、大谷選手の活躍に元気をもらっていたことかな。

 

ここ2年近くコロナのせいで暗い話題が多かったせいもあると思うけど、たくさんの人が大谷の活躍に心躍らせ、やる気と元気をもらったと、いろんなところで言われていたからね。

日本人だけじゃなく、米国でもそうで、敵チームのファンさえも賞賛していた。

また、別なスポーツをしている一流選手からも驚嘆され、経済誌に取り上げられるなど、社会にも大きなインパクトを与えていたよね。

 

それを知って、ああ、これが深見東州先生が言われている「スポーツの力」なのかなと感じていた。

音楽も人を熱狂させたり、元気になる人も多いと思うけど、スポーツはあるルールのもとで、人間のフィジカルや技術を極限まで競いあう。

同じ熱狂や感動でも、何か違うよね。

 

芸術の創造という感性の世界と、人が決めたルールの中でフィジカルとメンタルにチャレンジする世界の違いかな。

そして音楽は芸術作品という形として後世にまで残るけど、スポーツは記録と映像と影響としては残るけど、その選手の輝きとそれがもたらす感動は、その時代に生きた人だけが真に共有できるものだよね。

 

参考記事
メジャーリーグを獲得競争に走らせた、大谷翔平選手を見て思ったことは

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

続きを見る

 

まぁ、それは置いといて、上の4年前に書いた大谷翔平の記事を今読み返して、大谷翔平は、その中に書いてあることを全て実行していたんだなと思った。

少なくとも、4年前の大谷を見て思ったことは間違ってなかった。

 

それでも、まさかここまで大リーグで評価される選手になるとは、予想してなかったけど。

自分でまとめた内容だけど、その中に書かれているワールドメイトで教えてもらったヒントを、大谷翔平は誰もに教わらず、完璧にやれていたんだろうね。

 

そう思うと、いくら良い話を聞いても、それを何年もやり続けないと、何も成果は出ないよね。

大谷選手は別格の才能を持つのかもしれないけど、やるべきことを完璧にやり続けている人は、やはり大きな結果が出るんだなと思った。

しっかりとやり直そうかな。ぜんぜんやれていないし、ほとんど忘れていたから。

 

 

ところで、深見東州先生は、「スポーツは、希望を生み出し、人々を動かして社会を変革する力があります。またスポーツは、人々を団結させ、世界中の地域社会に一体感をもたらします。そしてスポーツは、世界平和の追求においても、非常に強力なツールになることも、疑いの余地はありません。この信念こそが、ISPSの活動を支える柱になっているのです。」と、ゴルフ雑誌に寄稿されていた。

でも、その本質は「一生かけて純粋に取り組む、スポーツそのものに価値があるのです。それがスポーツの力、スポーツの価値の本質です。」ということだ。

 

今年の大谷選手を見ていると、野球にこれほど純粋に取り組んでいる選手は、大リーグでもあまりいないんだろうなと感じさせたよね。

大谷選手にとって、ライバル選手よりホームランを多く打ちたいとか、実績を残して来季の褒賞をたくさんもらおうとか、それは二の次だよね。

野球というスポーツで、それも大リーグという最高峰の舞台で、自らの目標とする最高のプレーを目指して、ひたすらビュアに練習し、生活の全てを野球に打ち込んでいた気がする。

「自分が純粋に『どこまでうまくなれるか』と頑張れたのがよかったと思う」とインタビューでも答えていたけどね。

 

そして、その努力が苦痛でも苦労のようにも見えなくて、楽しんで偉大な実績をあげたからこそ、あんなに共感と感動を人々に与えたのかなと感じる。

お金のためでもなく、名誉のためでもなく、それらはモチペーションの一つにはなるのかもしれないけどね。

野球で有名になったから、それで何かをしてやろうとか、影響力で何かを変えてやろうとか、有名なアスリートの中にはいろんなところで発言力を駆使する人もいるけど、あまり余計なことは考えてないよね。

あくまで野球で最高の選手になりたいという、アスリートとしてのビュアな目標が第一にあり、それ以外の事柄は二の次で、二の次のことを叶えるためにやっているわけではないよね。

だから人柄も謙虚だし、ファンサービスもマスコミ対応も丁寧で、幅広く愛される存在になっているのかなと思う。

 

 

まぁ、ワールドメイトの深見東州先生も、人生のすべてを御神業のために捧げ、人々や社会のためにピュアに精進を続けてこられているんだけど。

だから、あらゆる分野のトップクラスの人達に、共感する人が増え続けているんだなと思っているけどね。

 

 

ところでMVPを受賞して、関係者やファンへの誠実な感謝を述べていた大谷だけど、家族が来ていても特別にお祝いするでもなく、その日は1人で寂しく過ごしてます(笑)とか、明日も練習があるので早く寝ると思いますとインタビューで答えていた。

周りがいくら騒いでも浮かれることなく、1人の孤独の時間を大切にしながら、ひたすらやるべきことをやっているんだろうなと、そんな印象を受けたけどね。

 

最高の選手になるという目標も、今年で達成したことにはならないと言い、自分でそう思える日はおそらく来ない、ゴールがない分、常に頑張れると思うと言っていた。

来季も不慮の怪我が無いことを祈り、より高いレベルのプレーでみんなに感動を与え、社会に素晴らしい影響を与え続けてほしいなと思う。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

-ワールドメイトっぽい日々