ワールドメイトの神事の魅力を紹介

ワールドメイトで灯籠流し

ワールドメイトでは、毎年灯籠流しの神事が行われる。巷では、仏事になるのだろうけど、ワールドメイトでは、そのグレードがちょっとばかりちがうのかもしれない。

 

ただどちらにしても、なくなった先祖を送り出すものであるのには違いなく、昔から伝わる伝統的な先祖供養だと言える。

要するに灯籠流しは、お盆に家に帰ってきた先祖霊たちを、船に乗せて、霊界へ送り返す儀式なんだね。

 

ただし、起源については諸説あるようだけど、どうやら日本各地の風習で、お盆の終わりに灯籠や麦わらで作った舟を川や海に流す、「精霊舟」「精霊流し」と呼ばれるものが元になってるようだ。

そこから、長崎県のように大がかりな精霊流しの行事になったところもある。
あるいは広島には「安芸門徒」特有の、お盆に、お墓に色とりどりの灯ろうを飾る「盆灯ろう」の風習があり、それと「精霊流し」が合体して現在のような「とうろう流し」になったという説もある。

 

なので灯籠流しも精霊流しも、同じ意味なんだけど、灯籠を乗せて流すのが灯籠流しで、現在はこちらが一般的だ。

 

 

一方お盆の供養物や提灯や造花などで飾った精霊舟を流すのが精霊流しで、こちらは長崎や佐賀で行われているそうだ。

 

 

ちなみに長崎市では船を海に流すのは禁止されていて、そのかわり爆竹を鳴らしたり、船を引き回したり、観光の目玉になるほどの有名な行事らしい。

 

ということで、灯籠流しは、お盆の大事な締めくくりの供養だといえる。

でもだからといって、実際には、住んでる地域にもよるけど、灯籠流しを毎年やることはとても無理そうだ。

なので、ワールドメイトで灯籠流しがあるのは、ワールドメイト会員にとっては、スゴくありがたいことだなと思った。

しかも、ただの灯籠流しとはわけが違うからね、ワールドメイトの場合は。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトの神事の魅力を紹介
    -