ワールドメイトの神事の魅力を紹介

繊細微妙なワールドメイトでの深見東州先生のお取次

深見東州先生が、ワールドメイトでお取り次ぎされる内容は、とても言葉で言えないようなスゴいものと理解しているつもりだった。

でも、昨夜のワールドメイトでの深見東州先生のお話を聞いて、自分で思っていた以上に、そんな生易しいことではないんだなと新たに感じるものがあった。

 

そもそも神様のお取次は繊細微妙なものなので、他ではたとえようがないものかもしれない。

先日の深見東州先生のラジオ番組でもお話しされていたけど、作家の瀬戸内寂静さんは、小説を書く前にはたくさんの小説を読みまくることを、何日も続けるそうだ。

そうやって、小説家が苦しみながらも良い小説を生み出してきたエネルギーを、たっぷりと吸収しているようだ。

そうすると、ある時から一気に奔流のごとく書き始めることができるようになるらしい。

 

深見東州先生も著作を書かれる時は、やはり1日20時間ぐらいの読書を7日くらいすると、一気に書けるようになるそうだ。

すさまじいなと思ったけど、それくらい文章を書くというのは、エネルギーがいることなんだなと思う。

その気にならないで書いても、胸を打つ文章にならないし、人から評価されるものにはなりにくいそうだ。

そういう読む人の期待とか、書くものの責任とか、いろいろなものに答えようとすれば、そこまでやっていかないと書けないのだろう。

作家によっても書き出すまでのスタイルは違うだろうけど、そこまでやっても良いものを生み出すのは大変だから、作家で自殺してしまう人が出るのだろう。大変な世界だなと思う。

 

文章を書くのでも、そこまでの苦しみや何かを超えてやってるわけで、でもワールドメイトの神様のお取次になると、そういうものとも違う、更に繊細な次元になっていくようだ。

それはもはや常人の理解を超えるものかもしれないことだけは理解できた。

そこのところを、これからはもっと感謝して、ワールドメイトの祭事に参加しよう。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトの神事の魅力を紹介