ワールドメイトっぽい日々

負の連鎖を超え、東京五輪が開幕

新型コロナやスキャンダルに翻弄されまくった東京オリンピックだけど、なんとか無事に開会式を迎えることができた。

ただ開催への逆風も影響したのかな。なんとなくおとなしい演出で、前半は少し期待を外された気がしたけどね。

 

 

でも入場行進が始まると、参加選手はかなり絞っていたと思うけど、元気に入場している姿に安心した。

特に最後の日本選手団のハイテンションな姿を見ると、ホントに開催できてよかったなという気持ちになった。

 

今年はソーシャルディスタンスをとっての入場なので、人数のわりには時間がかかったかも

 

各国の選手団のユニフォームも楽しかったけどね。みんなマスクを着用していたから、さすがここは日本だなと感じた。

まぁ、2、3カ国の選手団はマスクをしていなかったけど。

 

 

後半は、ラストの聖火点灯に向けて、見ているこちらも熱気が高まってきた。演出も凝っていたし。

聖火アンカーの大坂なおみも、すごくかっこよかった。日本の多様性を象徴する演出のように感じたから。

 

丸い球体が割れて中から聖火台が出てきた

 

歌舞伎や江戸の火消しなど、日本文化の伝統を持ち出すのもいいけどね。

今の日本を映し出す演出をもっと全面に打ち出してもよかったかなと思ったけど

 

この見事なパフォーマンスの面白さは、見ないとわからない

 

ドローンによる地球の演出にはとても驚いた

 

ともあれ、これだけ世界が新型コロナに翻弄される中でも、日本にこれだけ多くの国から選手が集まったことに、妙に感動した。

もちろん、見方を変えれば批判もあるだろうけどね。

オリンピック開催に最も不安だったのは、当事国の日本人だったと思うし。

 

 

それでもコロナや紛争や貧困などで五輪どころではない国も今回は多かったと思うけど、こうやって代表をはるばる派遣してきたわけだからね。

どこかの選手が、開催国が日本だからコロナの中でも安心して開催できると思っている、と言ってたけどね。

海外では、そんな風に思っている人も多いのかな。

 

 

実際には五輪関係者や選手にも感染者が出てしまっているけど。

なんとか最小限に抑え込んで、日本をはじめ世界中の人々にとって感動的な大会になるように、ワールドメイトで祈りたいなと思う。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々