「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

時計には、恋人という心理学的な意味があるらしい

投稿日:2016年9月11日 更新日:

先週の金曜は、ワールドメイトの衛星中継と重なって、「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」を聞いてなかったので後からオンデマンドで聞いた。

今回は、時計についての薀蓄をたくさんお話されていた。

最近、なんか深見先生は、腕時計のことについてとても詳しい気がする。
まぁ、株式会社ミスズで、有名海外ブランドの総代理店をされているから、当然なのかもしれないけど。

 

それで今回のお話だけど、心理学的に見ると時計には恋人という意味があるらしい。これは初めて知った。だからショップを、「時計の恋人」という名前にされたのかな。

カバンにも伴侶という意味があるそうで、ずっと身につけている人は、恋人や伴侶のことをいつも思っているのかもしれないね。だったらいいけど。

 

機械式の手巻きの時計を、朝起きてから巻く時なんかは、恋人と語らうように、時計と交流するひと時なのかもね。

そして、男性がスケルトンの時計を見るときは、女性の裸を見るような気持ちがあるのかもと、また下ネタに走ってしまわれていた。(^^;

 

それから自動車好きな人にも、時計好きで、時計に凝る人が多いらしい。メカが好きな人は、そうなるのかもね。

そしてなるほどなと思ったのは、資産価値が高いハイエンドの時計をする人は、資産を身につける意味で、時計をするというのもあるらしい。

資産がたくさんあったとしても、現金として身につけて歩くわけにはいかないし、ゴールドやダイヤの宝飾で着飾るようなことも、女性はいいけど、男性はしないだろうからね。

それで、高級な資産価値がある時計だったら、資産として身につけるのにちょうど良いのだろう。

また、スイスの機械式高級腕時計は、大事に使えば子孫にまで残していけるものでもあるからね。

 

そういうことでヨーロッパには、資産価値の高い腕時計を身につけるというのが伝統的にあるそうだ。資産として、持ち運びが簡単にできるという便利さもあるようだ。

あとは、男性のお洒落のアイテムの一つとして身につけるのも当然ある。

そして女性も、オシャレアイテムの一つとして、スイスの機械式ブランド物を持つ人が最近は増えているらしい。

 

深見先生の場合は、腕時計の造形美に惹かれるようで、工芸品として素晴らしいと思えるものを持ちたいと思うそうだ。

毎朝、心をハイにしてくれるようなものがいいそうだ。

 

先日ワールドメイトで、トゥールビヨンの音や造形の素晴らしさのことを、チラッと話されていたけど、よくあんな小さな時計の中に、あれだけの複雑な仕組みを作れるなと感心する。

トゥールビヨンというのは、特殊な脱進器(歯車が一定スピードで正確に回転するように変える装置)で、高級な機械時計に使用されるそうだ。

その仕組みはとても複雑であり、数多い小さな部品を組み立てて精度調整できる時計師は数えるほどしかいないそうだ。

なので、このメカニズムで時計を製作できるのは、限られた、高い技術力を持つ会社や専門の工房だけになる。

そして日本にも機械式を作れる職人が残っているので、セイコーなど、素晴らしいものを作っているようだ。

 

(セイコー初のトゥールビヨンモデル「FUGAKU」)

(セイコー初のトゥールビヨンモデル「FUGAKU」 価格5千万)

 

丈夫で、時間を正確に知るという実用性から言えば、今や何のメリットもない高級機械式時計なのに、中には数千万、数億の時計なども売れている。

そのメカニズムを作れる人が少ないという希少さもあるけど、やはりその造形美の美しさにあるのだろう。

 

時計の価値は、ブランド力、希少性、造形美によって決まると言われていた。歴史のあるブランドが、希少な素材と技術力で、素晴らしい造形美の時計を作ると、そんなものスゴい価値あるものになるのだろう。

歴史に残る画家の絵画作品とか、一流の巨匠が製作した美術工芸品などと同じ感覚なのかもしれない。

 

スイスの時計職人も、そういう素晴らしいものを作る喜びと、それを理解してつけてくれることを喜びに思うそうだ。絵描きが、絵を描く喜びと似ていると、深見東州先生は言われていた。

 

ちなみに、世界の3大腕時計というと、パテックフィリップを頂点に、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと言われていて、5大腕時計になると、ブレゲとランゲ&ゾーネが加わるそうだ。

 

 

 

ところで株式会社ミスズに総代理店になってほしいという事で、深見東州(半田晴久)先生が引き受けられた「ロベルトカヴァリbyフランクミュラー」の時計を、ケンブリッジ飛鳥がペニシュラホテルで、かっこいいねと言って購入したらしい。

「ロベルトカヴァリbyフランクミュラー」は、クオーツを使用するので8万から20万くらいの値段になっているので、フランクミュラーのようには高くないけどね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.