world mate happy

ワールドメイトっぽい日々 深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

ワールドメイトJFK3000大会開催

2012年7月3日

梅雨前線の活動が活発で、九州北部では過去に例がないほどの土砂災害の危険性があるようだ。

先月後半は、台風もあり、九州南部がかなり大荒れの天気になっていた。

そんななかでも、先週、ワールドメイトの神事が無事に終わったのは幸いだったけどね。

しかし西日本中心に、今後とも激しく雨が降るところがあるので、災害にはくれぐれも注意しよう。

 

ところで、一昨日のワールドメイトのJFK3000大会は、すごく盛り上がった。

今回はあるテーマに基づく仮装をしての参加だったけど、普段やらないようなことをするのは、すごく面白いね。

個人的にはああいうの大好きなんだけど、ホテルの人は驚いていたかな?

でも、ありきたりの企画じゃ進歩がないし、いいんじゃないかなと思った。

 

そして、深見東州先生が最新のヒット曲から、懐メロまで歌いこなすコンサートは、今回もすばらしかった。

2曲めのワールドメイトJFK3000のテーマ曲から、思わず涙が出てしまった。

あれだけ多くの歌を歌いこなすには、それなりに練習しないと絶対無理だろうから、おそらく超忙しい合間を縫うようにして練習されてきたんだろう。

選曲から歌唱力、そして毎回ちがう凝った料理、すべてに深見先生の細やかな愛情を感じる。

 

いつものことなんだけど、一切手抜きされずに参加者を楽しませて喜ばせる姿勢には、自然と頭が下がる。

このあたりも、超一流になる人と、ならない人の違いなのかな。

もっと、そういうところをしっかりと見習いたいなと思った。せっかく貴重な体験をしているんだからね。

それにしても、今回の深見先生のヴォーカルは、神だったよね。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々, 深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.