ワールドメイトっぽい日々

アトラスで「神の粒子」を発見

「神の粒子」と呼ばれているヒッグス粒子が発見されたということだ。

このヒッグス粒子が存在しなければ、宇宙を構成するすべての星や生命が生まれないことになるため、「神の粒子」と呼ばれているらしい。

へえ〜、そんなすごいものが見つかったのかと思わず調べてみたけど、難しすぎて今ひとつよくわからなかった。

でも、大発見であることは間違いないようなので、人類の科学の発展にとりあえず拍手。

 

ところで、このヒッグス粒子の発見で、素粒子物理学の標準理論が完成するそうだけど、その標準理論で説明できるのは、宇宙を構成する物質のうちの4%だけで、残りの96%は正体不明の暗黒物質や暗黒エネルギーが占めているそうだ。

ということは、全てが解明されるまでには、まだまだ長い長い時間がかかるのだろう。

 

まあ、ワールドメイトでも宇宙のお話が時々出るけど、宇宙に関しては、ホントにわからないことが多い。

でもこうやって、宇宙の深遠な謎が解ければ解けるほど、宇宙創造の神様が宇宙を作ったというのが どうみても本当だとますます確信してしまうけどね。

こんなに芸術的で美しく、法則性のあるものが、何の意志も持たずに自然に発生するという方が信じられないからね。

これだけ複雑で論理的なものが、勝手にできるなんて考えられる?

逆に、こんな神秘的な物が作れる神様を、人間がすべて理解できるわけがないことは納得できるけど。

 

でも、それはそれとして、科学の進歩自体は尊いことだし、重要だから、どんどん頑張ってほしいけどね。

 

 

ちなみに、今回その歴史的な、ヒッグス粒子の発見に役立った実験装置のひとつが、高さ22m、全長44m、重量7000tの大型粒子検出器「ATLAS」(アトラス・上下の写真)なのだそうだ。

いちばん大きい実験装置だったらしくて、日本を含む世界から2,200人の物理学者が集まって実験を行なっていたそうだ。

 

アトラスって、これもワールドメイトの指宿、ジブラルタル神業の証なのかな〜。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々