world mate happy

深見東州 コンサート情報

プラシド・ドミンゴのオテロがスゴいというお話

投稿日:2015年8月26日 更新日:

これから「プラシド・ドミンゴと、深見東州と仲間たち」コンサートに行く。

先日ワールドメイトで、オベラに詳しい人に聞いた話では、ドミンゴは今でこそ現代の最高のオベラ芸術家といわれているけど、代表作といわれるオテロを初めて歌おうとした時は、みんなに破滅するから止めたほうがいいと反対されたそうだ。

ドミンゴ自身は絶対にできると思っていたらしいけど、声の性質がリリックで、オテロのドラマティックな役ができるはずがないと言われたそうだ。

でも唯一、ビルギット・ニルソンだけが、その10年前からきっとこの人はいつかオテロの第一人者になると思っていたらしい。逆に言うとオテロというオペラは、そんなに難しいオペラらしい。

イタリアオペラの代表作であり、最も困難なオベラという人もいるそうだ。

 

しかし結局は大成功に終わり、さらに、それから何年もの間に何百回のオテロを歌ったかは知らないけど、どんどん進化して素晴らしくなったそうだ。

今ではドミンゴのオテロの役は特別なものになり、ドミンゴのオテロを超えるものはないとさえ言われているそうだ。

それを証明するように、このオテロを歌った後拍手が鳴り止まず、カーテンコールが100回を超えたこともあるらしい。劇と変わらないくらいの長いカーテンコールになったらしい。

拍手するほうも疲れると思うけどね。でもそれくらい素晴らしかったんだろう。

 

またある時は、カーテンコールの時にあまりの興奮と感動に包まれた観客が、”ドミンゴ”、と叫ぶのならわかるけど、”オテロ、オテロ”と叫んでいたそうだ。

これはつまり、そこにドミンゴではなくオテロという架空の人物を見ていたことになるのだろう。それぐらい白熱した演技というのか、なりきった演技を見せてくれたんだろうね。

そんなにスゴいものを見てみたい気がする。よほど共感を呼ぶオテロを演じたにちがいないよね。

そうじゃないと、そこまではならないだろうから。

ドミンゴがそういうスゴい人なんだということは、よく理解できたので、今回のような機会に行けてホントに良かったと思う。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州 コンサート情報
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.