world mate happy

深見東州著作の紹介

ワールドメイトを知るのにオススメの著作は

投稿日:2019年3月16日 更新日:

深見東州先生の著作は様々な分野にわたり、かなりの冊数になるから、どれから読んでよいのか迷う人も多いと思う。

ここでは、その中でもワールドメイトのことを知りたい、どんな内容なのか知りたいという人のために、宗教的、スピリチュアルな内容の本に絞って紹介してみる。ワールドメイトではさらに詳しく、突っ込んだ話が聞けるけど、まずは著作でその一端に触れてみるのもいいかも。

スーパー開運シリーズ

まずは深見東州先生の真骨頂、スピリチュアル系の代表作となるこの11冊は、スピリチュアル系が苦手な人にも、ぜひ読んでもらいたい。それぞれテーマを絞って書かれているけど、全部読んでいくと、いろいろなことが立体的に理解できるようになるという優れモノののシリーズ。

 

神界からの神通力

深見東州先生のデビュー作にして、反響を巻き起こした著作。今まで神霊界のことを、ここまで突っ込んでわかりやすく掘り下げた本はなかったと思う。タイトルからは怖い話なのかなと思うけど、いたずらに脅かすような内容ではないから。霊的なことで疑問を持っている人は、何かの答えが得られるかもしれない。そして、この本の意義は、何が正しい神通力で、邪な神通力なのかを理路整然と教えてくれる。そしてなるほどと納得がいく。最低限、知っておくべき霊界の知識だと思ったし、それを知るだけでも、抱えてる問題解決のヒントになった人も多いと思う。

こちらの記事も参考に

何をするにしても心がけておきたい、3つのことは

今日は、深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介したい。 最近、平成時代を振り返る特集が多いけど、その中にネットの広がり ...

続きを見る

神霊界

この本は、ある意味「神界からの神通力」の続編になるけど、そこで書けなかった重要な部分にまで触れられている。霊能力、超能力の正体とその現実。神界と霊界の違いと、現実界に生きる自分たちはどう生きるのが本当なのかまで、ちょっと感動してしまう。最初は難しいと思う人もいるかもしれないけど、今にして思うと、ここに書かれていることがいかに大事なことなのかがわかるようになった。神霊界の仕組みと人間のあり方に関する原点があると思う。さらに、大きな時代の流れと今後についても触れられていて興味深い内容になっている。

大除霊

タイトルにあるように除霊について詳しく書かれている。でもそれだけで終わらない。悪い霊を退け、良い霊に守護されるための大原則と現実の方法が書かれている。これを理解するだけでも、休眠から目覚めたように人生が変わる人もいると思う。もっと早く知りたかったという声が多い。最終的にカルマ(宿業)を解消する努力の方向性まで詳しく書かれていて、人生に苦労してきた人ほど、勇気付けられた人も多いと思う。天地は公平だし、過去に囚われず、現実を逞しく生き、未来を豊かにするための指針がここには書かれていると思う。

強運

深見東州先生2作目にして、最大のベストセラーを更新し続ける本。運を良くするためのノウハウが書かれている。ただ神霊界の奥深い部分には触れず、現実の成功者を例に、運が良くなる秘訣を現実に即したやり方で、軽いタッチで書かれているため、「神界からの神通力」などの重厚な語り口とは違っている。宗教的なことには興味はないけど、運は良くなりたいという人にピッタりかも。ここで紹介されている守護霊を味方にする方法を知ると、悩みや問題の答えが返ってくると思う。また、オリジナルの運を上げるパワーコールや、星に願いをかける方法も書いてあり、ツキを呼び込むノウハウが満載の本。

恋の守護霊

この本が一番好きという人も多い人気の著作。女心をどうしてそこまでわかると不思議がられる深見東州先生が女性の立場に立って書かれた、女性を幸せにするための本。男性が読むと、女心の一端を理解できて役に立つという声が多いけど悪用はしないでね。具体的な良縁に結びつく努力、良い男の見分け方、旦那の能力を伸ばす、子供を強運にするしつけ、姑との付き合い方まで、微に入り細に入りコツが書かれている。世の中の最小単位とも言える男女関係を良くし、幸せな人生を送りたい人への、深見先生の愛情あふれる一冊。

大金運

命の次くらいに大事とも言われるお金については、誰しも関心が最も深いことの一つ。その金運とはどのようにするとやってくるのかについては様々な本がある中で、神霊家の立場から正しい金運を呼び寄せるノウハウについて書かれた画期的な書。神頼みだけでは正しい金運はこない。現実の努力と正しい神霊界の活用によって、1の努力で10の結果になるノウハウが書かれている。稀代の神霊家であり、かつ成功した経営者の顔を持つ深見東州先生にして、初めてわかった正しい金運、成功するための数々のノウハウが詰まった経営者、ビジネス社会に身を置く人にとって必須の本。

こちらの記事も参考に

善人は損をし、悪人が得をする現実をひっくり返すには

今回は、ずばり金運を得る方法について書かれた深見東州先生の著作「大金運」を紹介。 ただし金運といっても、正しい金運とそう ...

続きを見る

大創運

深見東州先生の7作目の著作となる本書は、過去の著作の大事な部分を別な角度から、様々な具体例をあげつつ書かれた運を創るための本。そもそも人にとって運とは何か、幸せとは何かをわかりやすく具体例をあげつつ、現実と霊界と神界をバランスよく説き、運を創るノウハウを明かした本。身近な具体例も多く、人生のケース別に書かれている項目もあるなど、読みやすく、面白く学べるように配慮されていると思う。有名人の前世が袋とじで付いているのも興味深い。

大天運

第6作目となる本書は、比較的日常的な次元で強運になる秘訣を書いた「強運」に対し、こちらは強運を掴む方法を根本まで掘り下げて天運を掴む方法を説かれた、宗教的な色彩が強い本になっている。それだけに、じっくりと取り組む必要がある重厚な書。また、様々な宗教に関心がある人は、そのポイントを学ぶこともできると思う。仏教、キリスト教、ユダヤ教、儒教、老荘思想、神道の本質を知る深見東州先生だから書ける内容であり、因縁からの脱却と才能を開花させる本質的なノウハウ、そして神人合一についても書かれた至高の一冊。

こちらの記事も参考に

「人に喜んでもらえることが一番の喜び」、イチローの引退会見に「大天運」に書かれていることがダブる

先日、ワールドメイトのことを知るのに役立つ本ということで、深見東州先生のベストセレクションを紹介した。 今日はその中の一 ...

続きを見る

絶対運

運を掴む方法については、これまでにもいくつか書かれてきたけど、この本では絶対的な運を得るために、まず自力運を身につけることが書かれている。運が弱い人の場合、そこが一番難しくできないところだと思うけど、できるようになるための現実的なノウハウがたくさん書かれている。そして次に、他者の力、他力運を築いて、最後は自力と他力を組み合わせていくノウハウへとつながる。ここの書かれていることをしっかりと取り組めば、少なくともイマイチな運からは脱皮できると思う。頑張り次第では、見違えるようになる人も出てくると思う。そんな究極の運命術の本。

神社で奇跡の開運

神社神道に基づく書だけども、深見東州先生のシャーマンとしての体験から出た、実践的な神社参拝の具体的ノウハウが詰まっている本。だからこそ、本当に功徳が現れるのかもしれない。神頼みなどで功徳があるはずないという人も読んでもらいたい本。そのメカニズムについても、また、著名な神社についての詳しい解説もある。神社の神様との距離がグッと近く感じるようになり、信仰感や神仏への考え方も変わるかもしれない、神社関連の書籍の決定版。

こちらの記事も参考に

神社関連本の決定版!日本人としてぜひ読んでおきたい一冊

今日は、深見東州先生の著作の中でも代表作の一つと言える、「神社で奇跡の開運」について紹介したい。 タイトルの通り、どうや ...

続きを見る

 

運命とは、変えられるものです!

人間の運・不運というものを通して、人生の本質に迫る本。ワールドメイトでの講義をベースにした本なので、他のスーパー開運シリーズには書かれていなかったことがたくさん書かれている。宿命は変わらないけど運命は変えられる。持って生まれた運の良し悪しを知り、そこからどのように運命を変え、幸せになるのかを、易占の活用と善徳を積むことと神仏との交流という、三つの局面から解説。命運を変えて行く生き方の本当の意味がわかり、人生や信仰の基礎となる部分についても書かれた本。また、霊界のことに関する基本的なことも書かれていて参考になる。

こちらの記事も参考に

運・不運について知り、どうすれば良いのかがわかる究極の運命論

宿命は変えられないけど運命を変えることはできると、深見東州先生はワールドメイトで言われている。その運命も、本来は生まれた ...

続きを見る

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州著作の紹介
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.