world mate happy

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

日本のゴルフ界に追い風!松山英樹に続き笹生優花もメジャー制覇

オリンピックを目前にした今年、日本人ゴルファーの活躍が目覚ましい気がする。

男子ゴルフのメジャー大会を松山英樹が制したばかりなのに、今度は女子のメジャー大会で、笹生優花が優勝した。

 

これで、オリンピックのゴルフ競技は、数ある種目の中でもまちがいなく注目されるかな。

日本のゴルフ界にとっても、計り知れない良い影響があるよね。

 

 

まぁ、笹生優花選手は、今回のオリンピックはフィリピン代表での出場になるけどね。

日本の国籍の関しては、20歳未満の場合だったら、22歳になるまでに、どちらかの国籍を選択することになっている。

だから、それを決めるまでのゴルフの実績は、フィリピンと日本と、二つの国の記録として残る。

 

ただ、オリンピックのような、国を代表して出場する国際大会の場合は、どの国の代表として出場するかを選ばないといけないけどね。

今回の優勝で、一気に日本人選手一番手に躍り出たけど、はじめからフィリピン代表で出場することを明言していたから、そこは変わらないだろうけどね。

 

 

 

それにしても、はじめて笹生優花選手の存在を知ったのは、去年の8月に開催された「ISPS HANDA 医療従事者応援!! チャリティレディーストーナメント」のときだった。

ちょうど、コロナで中止が続いていた女子ツアーが、ようやく再開され始めた頃だった。

 

その時は、優勝した吉川桃選手と最後まで優勝を争い2位になっていた。

その試合を観たワールドメイト会員から、男子選手みたいにかっ飛ばす、すごい女子選手がいたという話を聞いていたけどね。

 

チャリティ精神を日本のゴルフ界に「ISPS HANDA 医療従事者応援 ジャンボ尾崎記念チャリティトーナメント」が終了

 

その試合は、深見東州先生の意向で、医療従事者に獲得賞金の何割かを寄付をすることが決まっていた。

ところが笹生優花選手は、気前よく、2位の賞金額全てを医療機関に寄付したそうだ。

19歳なのに、深見東州先生が話されていたスポーツ選手の社会貢献、チャリティーの重要性を、すごくわかって実践しているなと思って、印象に残ったのを覚えている。

 

その直後に開催された国内女子ツアー2戦3戦では連続優勝を達成し、一気に日本ゴルフ界にその名が知れ渡った。

その大会で優勝争いをした2位の選手が、「まるでタイガー(ウッズ)と回っているみたいだった。(無観客だが)ギャラリーさんに見てもらいたかった。女子ツアーだと思うけど、男性がいた。あの年で、あんなに完成されたゴルフしていたら天才」と、驚いていたそうだ。

 

 

2019年から、ジャンボ尾崎の門下生になり指導を受けていたそうだけど、あの厳しいジャンボ尾崎も、早くからその驚異的な資質について、別格のように表現していた。

昨日のテレビでも、ジャンボ尾崎のコメントと画像が出ていたけどね。

ジャンボの袖に、国際スポーツ振興協会(ISPS)のロゴがしっかりと入っていたので、びっくりしたけど。

 

 

ロリー・マキロイのフォームを真似したということだけど、そのロリー・マキロイとラウンドをされた深見東州先生は、ロリー・マキロイの目標を高く掲げて努力する姿勢に感銘を受けられていた。

しかし、いくらロリー・マキロイに似ていても、総合的な技術力では笹生優花以上に、世界にはスゴい女子プロがたくさんいるだろうからね。

 

そんな選手が一同に集う最高峰の舞台で、優勝というプレッシャーに負けなかった。

しかも国際スポーツ振興協会のアンバサダーでもある実力者レクシー・トンプソンに、最終日6打差まで離されたにもかかわらず、そこからめげずに逆転につなげた粘りと精神力は並大抵ではないよね。

 

 

もう一つの母国フィリピンでも、今回の優勝が熱狂的に報道されているらしい。

そして、笹生優花選手の幼い頃からのヒーローでもあるマニー・パッキャオも、祝福の言葉を投稿していた。

ボクシングと私生活のコメント以外はめったに投稿しないらしいけどね。よほど嬉しかったのかな。

2018年以来、深見東州先生とも親交を持つパッキャオだけど、今年の8月には、2年ぶりのタイトル戦をラスベガスで行うことが発表されていたよね。

 

 

去年からのコロナで、日本のゴルフ界も苦境が続くけどね。

そんなコロナ禍で、感染リスクが少ないためかゴルフ人口が増え、ゴルフが見直されているようだ。

そこに持ってきて、男女のメジャー制覇という明るい材料が揃い、今、日本のゴルフ界には追い風が吹いているのかもね。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

© 2021 ワールドメイト ハッピー