world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

シャルリー・エブド社襲撃事件に思う

風刺画が売り物の仏週刊新聞シャルリー・エブド社への襲撃事件は衝撃だった。

事件の悲惨さには目を覆うしかない。絶対に許されない蛮行だ。

 

そのテロ事件で、犠牲になったイスラム教徒の警官の遺族が、「過激派とイスラム教徒を混同してはいけません。モスクやユダヤ教の礼拝堂を焼いてはいけません。それは人々を攻撃するだけで、死者は戻ってこないし、遺族の悲しみを癒やすことはできないのです」と強く訴えていた。

家族が亡くなったにもかかわらず、しっかりと大事なことを述べている。

ほとんどのイスラム教徒は穏やかなんだろうけど、一部の過激なイスラム教徒のために、このような訴えを言わずにはいられなかったのだろう。

 

それで、ふと日本の宗教に対する現実にも、想いがいったけどね。

ほんの一部の過激な宗教団体の行いのために、ほかの平和な宗教団体までが誤解されてしまい、誤った先入観で見られてしまう。

このおかしな風潮も、そろそろ終わりにしたいよね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にい ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直 ...

-ワールドメイトっぽい日々

© 2021 ワールドメイト ハッピー Powered by AFFINGER5