深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

箱根九頭龍神の神魂が宿る絵

今年のカレンダーに使われた深見先生の絵
(善福寺公園の鯉を描かれた絵)

今回ワールドメイト富士箱根神業に向けて、画像で送ってこられた深見先生の絵画が、すごくきれいな絵だった。

5枚あるうちの一枚、芦ノ湖の九頭龍、花龍の絵が特にきれいな絵だった。
淡い紫のグラデーションに、ブルーと水色の龍が描かれ、赤や黄色がポイント的に使われている。

ほとんど抽象画に近い感じだけど、なにかふしぎな構図と斬新な色彩感覚が、やっぱりすごいな〜と思った。

一見描けそうな感じがするけど、実際やってみると描けない絵なんだよね。
独特の色の取り合わせが、深見先生の場合、前人未到の領域というか、真似できないところだよね〜。
それと、思いつかないような、面白い発想の構図の絵も深見先生の特徴だ。

近代画につながる巨匠といわれる画家の絵は、デッサン力が際立った絵というより、一見稚拙な感じで描かれている絵が多いという。
つまり写真のように上手く描写するのではなく、遊び心というのか、自由にデッサン力というより稚拙に描かれているらしい。
ゴッホやピカソの絵をイメージすれば、あのように一見すると稚拙に描かれていて、かつ、純粋で、素朴な絵が描ける人が巨匠の条件という人もいる。

ゴッホやピカソ、セザンヌとか、見ただけですごい爆発的なエネルギーというか、圧倒的な存在感を感じるけどね。

そのうち深見先生の絵も、そういう風に世間から言われる日が来るんだろうね〜。
少なくとも宇宙を書いた絵は、すでに右に出る画家はいないと評価されてるらしいけど。

とりあえず、早く絵をもらって家に飾りたいけどね〜。

そして今夜から、劇団の奉納お芝居を皮切りに、そのワールドメイト富士箱根神業が開催される。
いよいよ今年の富士箱根神業も後期で最後だよね。

たくさん祈ることがあるので、来年に向けて、しっかり締めくくろう。
byあんこ

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術