深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

深見東州先生の絵画個展を見て

前回は、お話が深見東州先生の個展のことから、まったく違う方向へ行ってしまった。

本当は、深見先生の絵画の個展の感想を書こうと思っていたのに。

といっても深見先生の絵は、普通に批評できるような絵ではないから、「すごい」という意外に、なんと言えば良いのかうまく表現する言葉が出て来ないけどね。

 

あえて言うなら「普通じゃないものすごい絵」「だれも真似できないような絵」「いまだかつて、見たことがないような絵」とでもいったらよいのかな・・。

あれっ、全部同じような意味かもしれない笑

けど、それぐらい独創的で、個性的な絵が多いということを言いたい。

ここ数年は、特に、そうなっていると思えるから。

 

でもなかには、ぴちっと、まるで写真かと思うような、生き写しの絵画を描かれることもある。

そういう絵画は、自分のような人間が見ても、素晴らしい技術で書かれているなと、ある意味わかりやすいけどね。

でもそういう絵画は少なくて、たとえば風景画を描かれていても、ありきたりな風景描写にはならないからね。

小手先のテクニックで描かれるのではなく、全身全霊で、ほとばしる魂で描いたような迫力のある絵も多かった。

と思ったら、見ただけで楽しくなって、あたたかいものが伝わってくる絵もあった。

あるいは、スカ〜とするような、もやもやしたものを吹き飛ばしてくれるような絵もあるけどね。

 

絵の色彩や構図を見るというよりも、絵からにじみ出てくる何かを感じているのかもしれない。

もちろん絵そのものもすばらしい。色づかいや組み合わせなんかは、すごく斬新だし美しいなと思う。

そもそも自分たちとは、見えている世界が違うのかなと、思わず唸ってしまうものが多い。

実際に、そうなのかもしれないけどね笑。

絵でも音楽でも、極めた人は普通の人とはちがう世界の情景が見えたり、普通の人には聞こえないメロディを聴いていたり、そんな感じなのかもしれないよね。

 

とても、どうのこうのと感想を言えるような気がしないから、ぜひ、実物を見にいくことをおすすめするしかないけどね。

直筆の絵を生で見るのが一番わかると思うから。

といっても、今年の個展は終わってしまったけどね笑。

また来年の今頃、きっとあると思うから。それまで待つしかないのかな。

TOSYUアートギャラリーにいけば、実物か、リトグラフ(版画)を見ることができるかもしれないけど。

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
    -