深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

明るすぎる劇団東州定期公演を見た

投稿日:2015年7月6日 更新日:

とにかくスゴ〜い。

深見東州団長が初めから最後まで歌って芸をするという、ほとんど出ずっぱりの演出だった。

いちばん活躍されていたけどね笑。アンコールまでいれると全24曲も歌われた。

 

今回の明るすぎる劇団定期公演は、去年までとガラッと変わって、ミュージオモと歌ントマイムになるという説明は書いてあったけどね。

ミュージオモも歌ントマイムも、実際に見てみるまではよくわからないからね。

 

まず歌ントマイムには爆笑した。

小林旭の歩き方から、ペンギンの歩き方になっていき、それからおっとせいとアザラシになっていくパフォーマンスは、特に死にそうにおかしかった。

アザラシやオットセイの特徴をよくつかんでいて、そっくりに真似される。なんであそこまでできるんだろうと、会場の全員が笑い転げていたけど。

歌そのものは中高年向けの選曲だったようで、知らない曲も多かったけど、オリジナルの歌手のモノマネをしながら歌うパフォーマンスに会場が沸いていた。これが歌ントマイムなのだろう。

 

パントマイムは言葉を出さすに演技するけど、歌ントマイムは歌いながら芸をされる。

今回は、おなじみの東州チャッブリンのパントマイムはなくて、深見東州先生が劇に合わせて衣装を変えながら熱唱された。

ホント芸達者というのか、いろんな種類の芸を持っていて懐が深いよね。

いつあんなことを練習されているんだろうと思う。あんなに忙しい身なのにね。

 

そして今回は4つの演目を上演された。

はじめの「南極物語」は、深見先生のオリジナル曲に合わせたミュージカルのような仕上がりで、ペンギンたちの動きと踊りが楽しかった。しかし最後はホロっとくるストーリーになっていた。

そのあとの3つは、いつもの不思議なシュールなストーリーで、今度は深見東州先生による歌がライブで絡み、ストーリーが進んでいく演出で、これがミュージオモなのかな。

劇のストーリーに合わせて、あるいは先行してフルバンドの生歌が入るというのは、今までにない試みだよね。

誰も考えないような、見たことがない演出だった。

 

そしてかなり高度な演出だったと思った。

なにしろ歌の歌詞と、その劇の演技が、ピタッとあわないといけないし、それを情感込めて歌う深見東州先生と、演技をする劇団員との息も合わなければいけない。

その絶妙なかけあいが、ミュージカルにない面白さなのかもしれない。

 

また、今回はナレーションも玄田哲章さんはじめ、一流の人が3人もいた。

それぞれいい味が出ていて、歌と劇とがうまく絡んで一体となっていたと思う。

 

会場は今年も満員だった。

ワールドメイト会員で来てる人も多くいたけど、そうじゃない人もたくさんいたようだった。

劇団も年々進化しているけど、人気もどんどん浸透しているんだろうね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.