いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

異常気象や自然災害が、日常的になってしまった今日

投稿日:2015年9月16日 更新日:

異常気象やら、自然災害やら、すっかり日常的になってしまった。

はたして20年前に、何人の人がこんな地球になると予測しただろう。

その当時も、すでに兆候はいたるところにあったとは思うけど、まったくビンと来てなかったなぁって、振り返って思った。

20年前にはすでにワールドメイトに入会していて、その頃書かれた深見東州先生の著作「心の金縛りがとける本」の一節に、

「人それぞれに苦労はあるだろうが、時代全般としては、今は幸せな時である。しかし、なんの努力がなくても、嬉しいとか、楽しいとか、面白いとか、明るく元気に生きられるのも、ここ数年のことである。それから先はどうなるのかというと、なんとかお助けいただきますように、なんとか乗り越えられますようにという、必死の祈願の連続になると神様はおっしゃっている。

特に2005年くらいからは、それがいよいよ厳しくなるだろう。環境汚染や環境破壊だけではない。天災もあり、人災もあり、病気も増えていく。助けてくれ、と泣き叫ぶ時代がやってくるのだ。なぜ私が、信心の誠の確立をやかましく言うかというと、この数年間でそれを確立していないと、そのあと生きるのが辛くなってしまうからなのだ。

例えば水害が起こって、目の前で子供が波にさらわれたとする。とても悲しいことだし、そのことで自らも生きる気力を失くしてしまう人もいるだろう。しかし、信心に生きる人間は、これも神様が与えてくださった貴重な試練だと受け止め、その試練を乗り越えて立ち直って強く生きていけるだろう。

また、集中豪雨で家が流されたとする。どんなに嘆き悲しんでも流された家は戻ってこない。水が引くまで待って、たくましく復旧作業に取り組むしかないのである。そのとき、これも御魂磨きだと受け取れるかどうかということなのだ。大事なのは、おのれを救うということである。それも霊的に救うのである。おのれの心も救えない人間が、どうして人や世を救えようか。肉体的なものや物質的なものを救えるのは、そのあとのことである。」

ということが書かれていた。

 

氾濫した鬼怒川

 

今、本当にそんな時代になってきたと思う。

ちなみに2005年というのは、あのハリケーン・カトリーナの大災害が起きた年だった。

そして、2004年の12月26日には、スマトラ沖大地震と大津波が起きた。

その二つの象徴的な大災害を機に、本当に自然の脅威が日に日に増し続けていると実感する。

 

また、災害が起きるたびに悲劇に巻き込まれる人たちが大勢出てくる。それが現実であり、いつ誰の身に、その不幸は襲いかかるとも限らない。

過去の自分だけは安全だという想定は、誰にも通用しなくなっているからね。

たとえ家族に不幸があっても、残された人たちはたくましく生きていくしかない。

生き延びた人たちが不幸になっては、亡くなった方たちだって浮かばれないだろうから。

 

先日来日したドミンゴも、今や絶頂というときに家族同然のような親族をメキシコ地震で失い、ショックで半年以上も仕事をキャンセルしたことがあったそうだ。

でも、そのあとは立ち直り、それから真のスーバースターへの階段を上り詰めていった。

 

そういう悲劇から立ち直って、かえって成功を掴んだ人は、世の中にたくさんいるよね。

信心の力か、その人の御魂の力か、そうやって不幸から立ち直って、見事に頑張っていく人は素晴らしいなと思う。

でも、そうできずに、辛い過去に苦しんでいる人もたくさんいるからね。

そういう人たちも、なんとか救われるように、陰ながらワールドメイトで祈りたい。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-いろいろなお話がワールドメイトで聞ける

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.