world mate happy

深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

プラシド・ドミンゴの超人的な活動を支えるマルタ・ドミンゴ

投稿日:2015年8月6日 更新日:

あるところで10年以上前の婦人雑誌に、ドミンゴのインタビューが掲載されていたのを偶然見つけた。

プラシド・ドミンゴ本人と、奥さんのマルタドミンゴのふたりの対談みたいなものだった。それが、とても面白い内容だったので少し紹介する。

 

ワールドメイトでは、男性が女性を称えることに関するお話を、時々聞くことがある。

このドミンゴ夫婦の対談を読むと、ドミンゴの奥さんを称える表現のスゴいことに驚いてしまう。

日本人だったら恥ずかしくてとても言わないだろうけどね。

ラテン系の人の、女性の口説き文句が素晴らしいらしいとは聞いていたけど、こんな風に言われると、ころっといってしまう気がする。

こういう讃えかたの表現の上手さは、日本人はもっと学んだほうがいいよね。

 

まぁ、その話は置いといて、プラシド・ドミンゴがここまで長い間活躍できたのは、実は奥さんの内助の功があってのことだという気がした。

ふたりは、お互いに歌手の道を歩んでいる中で知り合い若くして結婚したそうだ。

その後ドミンゴのキャリアが猛スピードで上昇し始めると、奥さんは母親、自身のキャリア、そして妻として夫を支えることは無理だと判断し、自身の歌手としてのキャリアを諦める。

そして子育てと、ドミンゴのキャリアのサボートに徹し、仕事を分担するようになる。

オベラをやるということは、ただ歌えばいいわけでなく、文献を調べたり役の人物のリサーチから歴史まで様々な勉強が必要で、それを助けていたのが奥さんだったそうだ。

 

そうやって影で支えていくうちに、奥さんのマルタドミンゴは、もともと天才ソプラノと言われるほどの音楽の才能を持っていた人みたいで、演出家としての道が開きはじめる。

そしていよいよ忙しくなって、お互いに離れて仕事することも多くなったそうだ。

しかしドミンゴは、彼女の演出する舞台があれば、出演のわずかな合間をみつけて遠く離れた国から飛行機で駆けつけ奥さんを驚かせたそうだ。

それがどんなにマルタ夫人の支えになったかは、いうまでもないよね。

今度は逆にマルタ夫人が、ドミンゴが公演でなかなか戻れない時には、子供達を連れて滞在先まで会いに行ったりと、家族の絆をとても大切にしてきたことがたくさん書かれていた。

 

ドミンゴは三大テノールとして、世界中を飛び回って公演をし、世界中の女性からも憧れの的だったそうだ。

でもドミンゴは、本当に家族思いの人のようで、おたがいに深く信頼し敬愛の気持ちを持って接していたから、何も大きな問題にならなかったのだろうね。

 

ドミンゴは若い頃からとても考えられないようなスケジュールを入れる人だったらしい。

それほど喉を酷使していたため、潰れるんじゃないかと多くの人が心配したにもかかわらず、つぶれるどころか、60歳を超えても声は若々しく、仕事もますます盛んになって今に至っているそうだ。

70代半ばで、いまだ現役のテノール歌手で歌う超人的な体力と若さを持つスーバーマンのような人だよね。

それはだれも否定しないようだ。

音楽にかけるものすごい情熱と、どこまでも進歩向上する努力を欠かさない謙虚な姿勢もだけど、家族との固い絆が原動力になっているのかもしれないなと、その雑誌を読んでそんな感想をもった。

 

ワールドメイトの深見東州先生は、伴侶こそ持たれないけど、お二人ともどこか重なり合う部分があるなと思った。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.