ワールドメイトっぽい日々

大規模な火山爆発が、この85年間おきていないということは

投稿日:2015年8月1日 更新日:

今年の5月に口永良部島の火山が爆発して2ヶ月。今度は、その近くの諏訪之瀬島の火山が小規模ながら噴火したそうだ。

もともと活発な活動をしてきた火山なので、珍しくはないようだけど、この諏訪之瀬島はトカラ列島のなかのひとつなだけに、ワールドメイトに馴染みが深い場所でもあり気になった。

ワールドメイト総本部では、毎月トカラ龍神祭という祭事が斎行されている。

 

火山爆発のニュースは、去年の御嶽山の爆発が大変な惨事になって以来、よく目にするようになったけどね。

現在は箱根の火山活動が続いているけど、また桜島も活発に噴火しているけど、火山爆発の規模としては幸い大規模な爆発、非常に大規模な爆発というものは近年おきてないそうだ。

やや大規模というレベルのものは、ときどきおきていたそうだ。

 

日本は世界の陸地の0.25%しかないのに、世界の7%にあたる110もの火山が集中する世界有数の火山大国だからね。

ふつうの地域の30倍近い火山密度になっている。

そして専門家が言うには、チリやインドネシアのような同じ火山大国では、大規模な噴火がくりかえされているが、日本では1929年の北海道の駒ヶ岳以来、大規模な爆発はかれこれ85年ほどおきていないそうだ。

なので、そろそろおきてもなんの不思議もないというのが、火山の専門家の考えらしい。

 

少なくとも1600年以降は、40年程度大爆発が無い時期もあったけど、だいたい20〜30年程度の間しか空けずに大爆発が発生していたようだ。

そうなるとここ数十年というのは、いつ大爆発がおきてもおかしくない時期なんだなと思えてくる。

ワールドメイトでも、火山爆発の危険の話が時々出るけど、本当にそういう時期なんだなと、あらためてデーターを知って感じた。

 

ところで話はとぶけど、このトカラ列島には、ワールドメイトの深見東州先生も、はるばるといかれたことがある。そのことが新聞にも載っていた。

続アカスリ半田劇場の6には、この海まで何時間もかけて行って、そして巨大魚を釣り上げた話が載っている。

もちろんバカンスで行かれたのではなく、大事な要件で行かれたわけだけど、はるばる時間をかけていくことの大切さを学ばれたそうだ。

 

「人生に影響与えたトカラ列島での釣り」

“はるばる”自分で足を運ぶことの大切さを学んだ

魚釣りも好きだと言う半田氏が、釣りから学んだこととは——。

防波堤での釣りや、アユ釣りなどを楽しんでいた半田氏。しかし、奄美大島から、船で5時間かけて行ったトカラ列島で、ムロアジを餌に、37キロと24キロのロウニンアジなど16匹を釣り上げたことが、人生に大きな影響を与えた。

「はるばると、誰も来ないような遠くの海で、美しくて大きい感動的な魚が釣れたことで、44歳での音大受験を決心した」。40歳から始めた、プライベートレッスンで声楽は頭に入ってはいたが、“はるばる”音大に行かなければ、音楽理論の基礎や歌やオペラの高い領域にはいけない、と感じたからだ。46歳で武蔵野音大特修科声楽専攻を卒業し、47歳からは、西オーストラリア州立エディスコーエン大芸術学部大学院に入学し、3年がかりで修士号を取得。その後、世界5大バリトンの先生について、50歳から毎年フルのオペラの主役をやった。それを10年間続け、バリトン主役の、ほとんどの難曲をやりこなした。

また「はるばる南アフリカに行ったら、ボクシングの元ヘビー級世界王者イベンダー・ホリフィールドに会えた。はるばるニューヨークに行ったら、ビル・クリントン元米大統領に会えた」。今、世界中で、たくさんの活動ができているのも、“はるばる”、自分で足を運んだからこそできたと言う。

「難しいことに挑戦しなければ、誰もできないようなことはできない。その意味で、トカラ列島での釣りから学んだことは大きかった」。遠路はるばる、でかい魚がいる所に飛び込んで行き、真正面からぶつかって釣ってくる。「度胸と根性がないと、一生防波堤釣りで終わってしまう。今は、どんな釣りでも好きですけどね」と笑った。

 

ちなみにカッボレも釣れたらしくて、刺身で食べたらとても美味しくてたまらなかったそうだ。

どんな調理をしても美味しく食べることができる高級魚らしい。いつか食べてみたい。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.