world mate happy

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

ワールドメイトと国際スポーツ振興協会の関係について語る

知らないうちに、深見東州先生のインタビュー記事がネットにアップされていた。

インタビュー記事と言っても、ふつうは編集されて読みやすくなっているけどね。

この記事は話をそのまま文字にしたような感じで、それがかえって面白かった。

 

 

かなりストレートな質問が多いけど、取材する記者と深見東州先生のやりとりが目に浮かぶようで少し笑ってしまった。下ネタもボチボチ入ってるし。

けっこう長い記事だけど、最後の記者の言葉「もう、2時(深夜)ですが・・」に笑ってしまう。

 

 

深見東州先生
来られてから8時間ですが、まだ、質問あります?

記者:ありません

 

おそれ多くも深見先生にインタビューする記者は、8時間くらいは覚悟しないといけないと言う噂は本当だった笑。

当然ワールドメイトのことも話すことになるから、知識不足からくる宗教に対する偏見があると話がかみわないし、しかたがないよね。

 

本当は8時間どころか、何回も聞かないと理解できない内容が多いと思うし。

そこの理解が浅いと、深い答えも引き出せないだろうしね。あまり良いインタビューにもならないよね。

記事にする時にも誤解されて書かれても困るからね。

 

記者:するとワールドメイト関連の資金がISPSに入る部分も多いわけですね。

 

深見東州先生
そういうことです

 

記者:つまり「支持会員」は実業と宗教の両面で社会活動をしていると。

 

深見東州先生
そういうこと。ワールドメイトは神社神道に基づく今日的な活動をしていますが、これは会員個々の事業と信仰において深くリンクしてるんですよ

 

深見東州先生
それでね、だからぼくの取材は6時間掛かりますよ、といつも記者さんに言ってるのは、日本人の宗教への理解はあまりにも浅い。というかほとんど知りません

 

深見東州先生
それで時間を掛けて説明するわけですが、一口に宗教といっても様々なんですよ。たとえば一神教のキリスト教やイスラム教、仏教は現実界に価値を置きません。死んでからのあの世に価値を置く、それが救いなんですが、神道とユダヤ教は違っていて、特に神道は生業が栄えて家が栄え、コミュニティが栄えるのが神の祝福なんです

 

記者:それは、実利的ですねぇ。

 

深見東州先生
そう、実利的です。こういう神道の基本的な知識がなくて、貧しい知識で『宗教』をひと括りにするもんだから、皆さん偏見を持つんです。偏見は無知より生じます 

 

 

あとジャンボ尾崎の話も面白かった。

 

深見東州先生
天才の感性は最終的に直感で、そこを理解するのは本当に難しいんですよ
深見東州先生
天才には退行化現象があって、どこかで反動がないと埋め合わせできないんです

 

自分たちのような凡人には理解し難い話だけど、ワールドメイトで何度もいろんな例えを混じえて聞いてきたからね。

天才的な人たちは、ちょっと変わってやりにくいと言うか、そう言う感じになるんだろうなと、だんだん理解できた。

 

記者:ワールドメイトの信者は女性が多いとか。

 

深見東州先生
6割が女性です。それでぼくのコンサートでAKBの『ヘビーローテーション』や『フォーチュンクッキー』を歌ったりすると、うわ~って盛り上がるんですよ

 

記者:PR活動の一環ですか?

 

深見東州先生
PRというか、喜びと幸せの空間を共有するのね。このあたりがゴルフ界と違っていて、ゴルフは地味で真面目で一生懸命すぎるんですよ

 

ここを読んで、あるときからポピュラーミュージック中心のコンサートをたくさん開催されるようになった背景には、こんな意味も理由のひとつだったんだなと気がついた。

深見東州先生は声楽のプロだし、芸術性の高いクラシックコンサートも素晴らしいけど、みんなで盛り上がるコンサートは楽しくてハッピーな気分になれるよね。

ワールドメイト的には、どちらのコンサートの要素も必要なんだとは思うけど。

 

いろいろ新しい発見もあったし、参考になるインタビュー記事だった。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援
-

© 2020 ワールドメイト ハッピー