world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

新型コロナウィルスによる感染が終息しますようにワールドメイトで祈りたい

ワールドメイトの節分大祭が始まるけど、参加する前に、これだけは書いておきたいと思ったけどね。

すでに、新型コロナウィルスの感染者は、中国政府の公式発表でも1万人を超える段階になってるけど、この数字を信用する人はいないよね。

 

1月23日に武漢が完全封鎖され、その後、周りの湖北省の12の都市も封鎖されたそうだけど、その少し前まで、武漢市内でマスクをしている人はほとんどいなかったそうだ。

当初、武漢市長による発表が、人から人へと感染しないと言っていたそうなので、少なくとも発生から1ヶ月以上、市民は新型コロナウィルスに対して無防備で過ごしていたわけだよね。

1月21日になって、ようやくヒトヒト感染が起きていると認めた。また、医療関係者にも感染が起きていることを発表した。

 

封鎖当時は500人程度の感染者とされていたけど、その1週間前はわずか60人程度で、しかし、すでに数千人の感染者がいると推定する研究機関もあったよね。今にして思えば、その数字の方がまだ真実に近かった。

 

問題は、封鎖される前に、感染が始まってからすでに5百万人の市民が外に出ていると市長が言っていたとのことだ。もともと人口1100万人超といっても、200万人以上は武漢戸籍ではない、流動人口になるらしい。

アリババの調べては、ほぼ中国全土に武漢からそれらの人々がどっと流れていたということだ。もちろん、日本をはじめ、海外に言った人の数もかなりになると思われるけどね。

 

中国では、感染していてもカウントされてない人も多いようだし、実際にどれだけの人が感染しているのか実態がわかりづらい。

 

 

今のところ、致死率はそこまで高くないのが救いだけど、持病などで免疫力の弱っている人や高齢者は侮れない。そして、より危険なウィルスに変異する可能性も絶対ないとは言えないからね。冷静に強く警戒しないといけない。

そして、連日、様々な報道が国内でもされてはいるけど、中国の状況に関しては、ユーチューブに流れている動画の方が、逼迫する真実を知るにはよいものが多いように感じる。

 

 

いろいろネットにアップされているものを見てきたけど、情報が怪しいものも多いし、どこまで真実なのかはわからないけどね。でも、少なくとも封鎖されている武漢市内などの状況は、本当に過酷だなと感じる。

日本政府も、現地からの希望者を武漢から脱出させたけど、これはホントに良かったと思う。

武漢で感染したりすれば、今の状況では、とてもまともに治療を受けれるとは思えないし、また、病気は新型肺炎だけではないからね。他の病気を患うこともあるだろうから。

あとは、しっかりと国内での3次感染につながらないようにだけ注意してくれればいいけどね。

 

 

あと、いくつかの現地の動画を見てると、湖北省で封鎖された市民たちも、本当に可哀想になってくる。

動画の様子だと、病院もパニックのような状態だし、医療体制も限界を超えてる気がする。

また病院まで行く交通手段もない人が多かったり、行っても治療を受けれないとか、そこで感染してしまう人たちも多いだろうなということが実感できる。

 

 

中国人の多くは反日教育のせいもあり、過去の歴史など日本に対して誤った認識を持っているかもしれないけど、それはそれとして、中国の湖北省をはじめとする、今回のことで苦しんでいる人たちのためにも、ワールドメイトで祈りたいと思う。

もちろん、日本や海外で感染したり、治療にあたっている人、対策にあたっている人たちのためにもしっかりと祈るけどね。

少しでも早く新型コロナウィルスによる感染が終息しますように。

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

© 2020 ワールドメイト ハッピー