深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

ギャグ・スピリチュアル本といっても内容はスゴいよ

最近の深見東州先生の著作には、ネアカ・スピリチュアル本、ギャグ・スピリチュアル本という、すっかり新しいジャンルが誕生している。

ネアカ・スピリチュアル本は、これはもう30年来のベストセラーになる、ワールドメイト会員がベストセレクションと呼んでる10冊に、プラス「運命とは変えられるものです」を加えた11冊からなる。

ちなみに発行するたちばな出版では、スーパー開運シリーズとなっている。著作名は深見東州のままで。

 

それに対して七色の名前で著した名著復刻シリーズでは、第1弾では著名人を一種パロディー化したような、夏目そうしき、フランソワーズヒガン、ピエールブツダンなどの作者名と、「我輩は霊である」「金しばりよこんにちわ」など、作品をもじったタイトルがついている。

さらに本のカバーには、そのコスプレ写真が使用されるという、かなり刺激的な表装になっている。

 

そして第2弾は、東州イグアナ、東州チャップリン、東州にわとりなどのコスプレだけど、そのまま明るすぎる劇団東州で演じられていたものになっている。

こちらはパロディーというよりは、そのものというのか、対象物になりきられているのがある意味スゴい。

 

この第1弾と第2弾は、ギャグ・スピリチュアル本と呼ばれていて、新書版の手軽なサイズになって復刻されているようだ。

なにも知らない人は、ギャグ本と言われると中身もそうかと思うだろうけど、実は中身はかなり重厚な内容になるけどね。

かなりどころではない、深見東州先生の真骨頂が出てるような濃い内容もあるから。

 

どれがお勧めかと言われると、それぞれに持ち味があり内容もかなり違うので、一概には言えないけどね。

全部いい味があって、他ではけっして得られない、貴重で役に立つ内容が満載だし、とにかく得るものが多いと思う。

何かに迷ったり悩んでる時に読むと、その答えやヒントが得られたこともあるし。

そういう素晴らしいギャグ・スピリチュアル・シリーズなので、この次は、中身を紹介してみることにしようかな。

 

深見東州ネアカ・スピリチュアル本

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
    -