ワールドメイトっぽい日々

日本は、今年からどうなるの?

ワールドメイトの節分大祭も終わり、今年の方向性も明かされて、この先におこなわれるであろう神事がはやくも楽しみに思えてくる。

文明文化の繁栄するその裏には、その地域の産土力ときってもきれない関係があるんだなと、今回の神事であらためて感じるところが多かった。

 

ところで今の日本は、国力が回復して成長が再び始まるのか、それとも変わらず衰退の道を歩むのかの岐路にあるとか、いろいろ言われているよね。

もちろんワールドメイト会員は、これから良くなると思っているけどね。

 

実際に去年くらいから、春闘で15年ぶりに2%代の賃上げもおこなわれるなど、今までにはなかったプラスの動きも出はじめた。

増税もあったので、なかなかそう簡単に個人消費は伸びないけど、アベノミクス効果で企業業績は回復し、企業の現金預金は去年233兆円と過去最高水準になったといわれている。

 

もともと大企業に限れば、アジアの通貨危機から15年で78兆も内部留保が増えているというし、体力的なお膳立てはすでに整ってるように感じるけどね。

ただ雇用の7割を占める中小企業の業績回復と賃上げ、全雇用者の4割となる非正規雇用者の待遇改善、このあたりまではっきりと成果が現れればいいけど、そこまではいかないので不安を持つのも仕方がないのかな。

 

理想としては先見の目がある経営者が次々出てきて、政府の政策も次々とツボにはまって、経済成長が軌道にのってほしいところだけどね。

生活向上が全てとは言わないけど、それがないと幸せを実感できないだろうからね。

そのあたりのことは、今年行われる神事の内容とも、かなり関係してきそうだ。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -ワールドメイトっぽい日々