world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

ソチ・パラリンピックがはじまる

ウクライナ情勢が混沌とする中、すぐ隣のソチではパラリンピックがはじまった。

 

平和の祭典を開催してる同じ国が、となりでは軍事衝突の緊迫した状況を作っているのが信じられない感じがするけどね。

ある日本選手が、日本がいかに平和な国なのかがわかったとか言ってたけど、その気持ち、わかる気がする。

 

それにしても、米ロが、またにらみ合う形になるとは思わなかった。今年は驚くようなことがいくつもおきるとワールドメイトで聞いてたけど、さっそくおきてしまった。

ウクライナには複雑な状況と背景があるけど、なんとか穏やかに治まっていくように、ワールドメイトで願いたい。

 

ロシアへの抗議の意味で、たった一人で入場行進するウクライナ選手

 

ところで、そのパラリンピックは、さっそく日本勢が活躍していた。

アルペン滑降で金メダルを取った狩野選手の、ものすごく速いスピードには驚いてしまった。

健常者でもスキーの滑降は難しいのに、何度も何度も練習してきたんだろうな〜と思う。

 

 

とりあえず今日は、開会式の様子を、少し紹介。

 

開会式恒例の、賑やかなパフォーマンスが繰り広げられる。

 

ロシアのバレエはやっぱり本場だからね。

 

東京オリンピック開催のためのプレゼンターをやった佐藤選手も、特別に聖火ランナーとして走った。とってもいい笑顔〜。

 

 

そして、聖火が点火されると、聖火の炎がモニュメントの頂上へと走り始める。

大会は、16日までアルペンスキー・バイアスロン・クロスカントリースキー・アイスレッジホッケー・車いすカーリングの5競技、72種目にわたって行われるそうだ。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にい ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直 ...

-ワールドメイトっぽい日々

© 2021 ワールドメイト ハッピー Powered by AFFINGER5