ワールドメイトっぽい日々

淡路島で発見された新種の恐竜、「ヤマトサウルス・イザナギイ」と命名

淡路島で2004年に発見された化石が、新種の恐竜の化石だったということで、研究チームが発表していた。

新種の恐竜として名前をつけたのが、「ヤマトサウルス・イザナギイ」という、日本神話を彷彿させるような、興味を惹くネーミングになっていた。

 

ワールドメイトでも度々神事で行った淡路島には、イザナギノミコトを祀る伊弉諾神宮があるけどね。

イザナギノミコトとイザナミノミコトの国生み神話で、オノコロ島で婚姻したあと最初に作ったのが淡路島だと言われている。

 

 

この恐竜の名前は「伊弉諾(いざなぎ)の倭(やまと)竜」を意味するらしいけど、淡路島の洲本市の7200万年前の地層から発見されたそうだ。

70種類の恐竜ハドロサウルス類と354個の形質を解析した結果、大繁栄した草食恐竜ハドロサウルス科の進化の起源、進化の鍵を握る恐竜になるそうだ。

ハドロサウルス科でも原始的な恐竜と考えられ、東アジアにおける草食恐竜の進化を解明する重要な標本になるらしい。

 

 

ハドロサウルスは白亜紀後期にアジアから北米大陸へと生息域を拡大したそうだ。

2足歩行だったらしいけど、4足歩行へ進化したことによって、移動能力が格段に発達したことが、肩の骨(烏口骨=うこうこつ)などの比較解析で明らかになったそうだ。

 

専門的なことはわからないけど、進化の流れがこの標本によってわかる、世界中の誰も知らなかった情報を我々に運んできてくれたと研究員が語っていたので、非常に重要な発見になるんだろうね。

それにしても、最大で8メートルあるというから、かなりデカいよね。

 

 

近くの鳴門ではワールドメイトのゴールデンウィーク神業が、これまで何度も行われてきたけどね。

今年はオンライン参加での神業になるので、現地にはいかないけど。

 

17年間の研究の成果を経て、この時期に発表があるのも面白いなと思って紹介してみた。

今、読まれている記事

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業もはじまった。 家にい ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関する、リスナーからの直 ...

    -ワールドメイトっぽい日々