world mate happy

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

男女平等、ISPS HANDA ワールド・インヴィテイショナルが、北アイルランドで華やかに開催

投稿日:

今日は、久々にゴルフの話題でも。

深見東州先生が会長の国際スポーツ振興協会の冠大会が、8月にいくつか開催される。

 

それを紹介する前に、渋野日向子の全英オープン優勝のことで、日本のゴルフ界が大フィーバー状態になっているよね。

海外でも、米国NBC の全英女子オープン視聴者数が、2006年の全米女子オープン以来の高水準だったとか。

一躍時の人になってしまったけど、大坂なおみに続いて、メジャーなプロスポーツでのメジャータイトル獲得は、とても素晴らしい偉業だと言えるよね。

 

 

このものスゴい人気を見て、これは本人のキャラクター好感度の高いことはもちろんだけど、プロゴルフというスポーツが、やはり日本でも世界でも注目度の高いスポーツなんだなと改めて思った。

ちなみに、2006年の全米女子オープンは、どんな感じだったのかというと、優勝したアニカ・ソレンスタムと、プレーオフで戦ったパット・ハースト、接戦で3位になったミシェル・ウィーや、ポーラ・クリーマーらが活躍していたようだ。

ミシェル・ウィーとポーラ・クリーマーは、今国際スポーツ振興協会のアンバサダーになっているけどね。

 

2位になったパット・ハーストという選手は、今回調べて偶然知ったけど、母は日系人、父はドイツ人という日系3世で、メジャー優勝含む米国ツアー6勝している強豪選手だった。

国籍は米国だけど、写真を見ると日本人そのもので、今回の全英の視聴者数がその時の全米女子オープン以来の高水準というのも、偶然とはいえ日本人が絡むものだったので面白いなと思った。

 

それにしても、最後の優勝がかかったパットは、壁ドンパットとしか言いようがない、素人の自分が見ても驚く正確無比の豪快なパットに思えた。

そもそも一打差で2位になった選手は、最終日に驚異的な追い上げをしたのに、最終18番ホールでの1メートル弱の絶対入ったと思ったパットを外した。

で、渋野日向子選手は、この大事な場面でも臆することなく思い切りの良いパットを放ち、みごと優勝を勝ち取ったので、劇的なクライマックスになったよね。

震えが来るようなショットだった。ひところ流行った神ってる状態だったかも。

 

ちなみに彼女の出身は岡山県岡山市で、岡山県北部の津山市にある高校に通っていたそうだ。蒜山高原の麓に近いところにあるようだけどね。

そして、プロに合格したのが2018年7月で、本格的に日本女子レギュラーツアーに参戦したのが2019年の今年から。

それでゴールデンウィーク10連休中の試合で2位になり、初のトップ10入りを果たしたかと思うと、ゴールデンウィーク明けの国内メジャートーナメントで早くも初優勝。

その後もトップ10入り3回を経て7月はじめの国内ツアーで2度目の優勝を飾り、今回の全英女子オープン優勝へとつながっている。

ワールドメイトの支部でも話題になったけど、調べれば調べるほど、いろんな意味でスゴいなと思ったけどね。

 

ということで、渋野日向子選手のことはこれくらいにして、本当は今日のメインのはずだったISPS HANDA ワールド・インヴィテイショナルのことを紹介したい。

このトーナメントは、先日、男子ゴルフのメジャートーナメントである全英オープンが開催され、大いに盛り上がった北アイルランドでの開催になる。

そして、男女のトーナメントが、男女同じコース、同じ賞金額をかけて開催されるという画期的な大会になっている。

今年はじめ、オーストラリアで開催されたISPSヴィックオープンも、同じように男女平等の大会だったけどね。しかも、女子はアメリカとヨーロッパツアーの公認で、男子もヨーロッパとオーストラリア男子ツアーの公認試合だった。

 

ちなみに、その時の女子で優勝したフランスのセリーヌ ビュティエ選手は、それまでは無名に近かったけど、今年の全米女子オープンで5位、今回の全英女子オープンでも6位と健闘し、米国女子賞金ランキングでも並み居る強豪を抑えて4位につけている。

また、賞金ランキング1位はネイリー・コルダ選手で、この選手も、今年初めのISPSオーストラリア女子オープンで優勝してから、今年は大きく飛躍し活躍している。

 

それから男子の試合は、ヨーロッパ男子ツアーのチャレンジツアーとして開催されるそうだけどね。

女子は、アメリカやヨーロッパのレギュラーツアーを主戦場にしている往年の名選手というか、かなりの実績を持つ選手も出場するようだ。

カトリーナ・マシューという選手は、ヨーロッパ女子ツアーで6勝、アメリカ女子ツアーで4勝している。

そして女子ヨーロッパツアーで活躍している、これからの若い選手もたくさん出るようだ。

 

 

 

8月の14日にプロアマ戦も、地元のセレブたちがかなり出場するようで、この大会の主催者であるモデスト・ゴルフのナイル・ホーランも出場するそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

そして、大会期間中には、地元人気バンドによるライブも3回ほど開催される。この辺のイベントは、日本ツアーではあまり聞かないけど、ゴルフだけではなく、音楽や観光も含めて楽しんでもらおうという感じなのかな。

 

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.