深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

明るすぎる劇団東州の新感覚の演出

投稿日:2015年7月10日 更新日:

7/10スボーツニッポン

 

一緒に行ったワールドメイト会員も言っていたけど、今回の明るすぎる劇団東州定期公演は、深見東州先生の歌の出番が多くて、最後の最後にアンコールに応えて歌われた時は、一瞬、「コンサートだったかな」と、わからなくなってしまうほどだった。

ただ「民宿」以外の3演目は、以前に上演された演目だったので、新演出のおかげでまったくの新作のように観劇できた気もする。

 

そして演技にも気合が入っていて、セリフを聞いて引き込まれてる感じがした。

最後のバッタに抱かれての、バッタに恋する女性の演技には、特に鬼気迫るものを感じた。

そうしたら、終わった後の深見東州先生の解説で知ったけど、前日にその女性にトラブルがあって、足が痛くて歩けなかったらしい。

普通なら大変だけど、それを乗り越えたところの迫力の演技だったようだ。

だから、いつにもまして演技に魂が宿っていたんだろうね。一緒に行ったワールドメイト会員も、同じことを感じたと言っていた。

そういうアクシデントが起きると、かえって緊迫感があり、演技も冴えるのかもね。

 

それで深見東州先生が言われるには、演劇というのは、初日が一番出来が良いらしい。

初日が成功すると安心して、2日目からは、どうしても緩んでしまうからのようだ。

それが最終日になると、これで最後だからと気合が入って、また良くなるらしい。

それが演技者の自然な気持ちなんだろうね。

明るすぎる劇団東州の定期公演になると、初日と最終日しかないけどね。その場合は、やっばり初日になるのかな〜。

 

それにしても深見東州先生は、次から次へとスケジュールが続く中で、その一つ一つの内容においても、より負担が多くなることを自ら選択されている。というか、その方が素晴らしくなるからというので、あえてチャレンジされているようだ。

来た人に楽しく面白く喜んでもらうためにと思って、どこまでも万端の準備をされるわけだけど、この妥協を許さない、どこまでも進化し続けるところが、さすが求道者としての姿勢なんだろうね。

そういう人間としての生き様を、ワールドメイト会員にも、自然と教えられているのかもしれないけどね。

 

だから一見何事もなかったように、簡単にされているように見えるけど、特にワールドメイト会員ではない人たちの目にはそう映るかもしれないけれど、本当は命がけの血の滲むような努力の毎日があるんだと思う。

そういう大変な努力の痕跡は人に見せられないから、つい簡単にできているかのように、あたり前のようにできると思ってしまうけどね。

本当は真剣勝負に生きて、どれだけ世の中をよくできるかに賭けてあるんだけどね。

そのための過酷な努力から滲み出てきたのが深見東州先生の歌であり、演技であり、またはサミットのような議論や運営であり、ゴルフの支援活動や福祉活動だと思うからね。

そこまで感じている人は、一部のワールドメイト会員くらいだろうけど。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.