world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

感動的な滑りを見せてくれた10代の二人

投稿日:2014年2月12日 更新日:

ついに日本に待望のメダルを持たらしたのは、スノーボードの15歳の平野歩夢選手と、18歳の平岡卓選手だった。

 

 

 

二人は、たしかに有力なメダル候補だったけどね。

とはいえ、金メダル最有力と言われる選手でさえ、本番ではメダルすらとれなかったりするのがオリンピックだから。

にもかかわらず、プレッシャーを感じさせない感動的な滑りで、見事跳んでくれたよね。

みてて、思わず「ヤッター!!」と叫んでしまったから。

 

とにかく高くとぶのに驚く。(平野歩夢選手)

動画をあとから何度見ても感動した。

 

しかもあれだけベストパフォーマンスを発揮しても、二人ともあっけらかんとしてるところがいいよね。大物だなと思った。

金メダルは、ショーンホワイトではなく、伏兵のスイスの選手が一発の快心の滑りでさらっていった。

でもそれが次もチャレンジャーとして、目標持ってやれることにつながるだろうから、それはそれでいいのかも。

本人たちは、悔しいだろうけどね。

 

障害者ゴルフが国際大会に採用されるよう支援されるなど、深見東州先生もスポーツに理解があるせいか、ワールドメイト会員もオリンピックに関心がある人が多い気がする。

しかもオリンピックの深い意味を、ワールドメイトで聞いているから、なおさら興味深く見てしまう。

 

とにかく、このあとも日本勢の活躍と奮闘に期待しよう。

惜しくも敗れた選手にしても、スポーツは結果や成績がすべてではないからね。

そこにいたるまでの鍛錬や成長することが大事だよね。

 

ただオリンピックのような祭典では、上位で活躍するとこれから先の若い選手への影響も大きいし、日本全体にも勇気と元気を与えてくれる。

そういう意義は大きいかも。

 

中国のように国家の威信にかけて強化するとか、勝者には破格の待遇が待ってるとか、そういうのはいきすぎのような気もするけどね。

スポーツを行う動機が歪められなければいいんだけど。

国の支援はもちろん欠かせないけど、スポーツを通じて、人に感動と喜びを与えるような選手に育ってほしいよね。

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.