ワールドメイトっぽい日々

本物とそうじゃない人の見分け方

投稿日:2013年9月17日 更新日:

この数日は、ワールドメイトで素晴らしい祈祷会が行われていた。

深見東州先生による、大救霊、守護霊に関するお取り次ぎだけどね。

このような霊的な働きによって、さまざまな問題が解決することも多い。

現実の努力が一番大事なことは、いつも深見東州先生が言われているのでワールドメイト会員は皆知ってるけどね。

でも、なかなか努力するだけでは解決しない問題も、実際には多いと思う。

そういう場合は、霊的な何かに問題がある場合もあるから。

 

たとえば親戚一同に、最近やたらトラブルが続くとか言う場合、最近誰もお墓参りも墓掃除もしてなくて、お墓が荒れ放題だったということがある。

それでちゃんとお盆にお参りをして、お墓をきれいに掃除すると、その後トラブルがなくなったとか、そういうケースは過去にたくさんあった。

 

今のは先祖に関することだけど、そういう自分で解決できる霊的な問題もかなりあると思う。

でもなかには複雑で、そう簡単ではないものもけっこうある。

きりがないので、ここでは書かないけど、詳しく知りたい人は深見東州著「神界からの神通力」「神霊界」「大除霊」を読むとよくわかると思う。

 

ということで、そういう巷で言う「除霊」もできる深見東州先生だけど、ワールドメイトの救霊はどこよりも信頼されているようだ。

実際に、他でやっても改善されなかったのに、ワールドメイトでやると、みるみる改善されたというケースは枚挙にいとまがない。

自分のことでもそれを経験したし、いろいろな人のケースを目の当たりにしてきたからね。

 

その違いはどこにあるのだろうか。

自分なりに思うことは、やっぱり深見東州先生があまりにスゴい人だからというしかないけどね。

でもそれだけでは納得できないだろうから、どのようにスゴいかというと・・。

まず人間性の素晴らしさ、深い叡智、愛情の深さ、篤い信仰心、覚りの境涯など、いろいろな要素があるけどね。

それらはワールドメイト会員になるか、個人的に深見東州先生とおつきあいがある人なら、わかるだろうけど、そうじゃない人には説明してもわかりにくいかもしれない。

 

だれにでもわかることとしては、普通霊能者は霊的なことしかできないので、社会での実力はたいしたことがないケースが多いけど、深見東州先生の場合は社会的な実力も半端じゃないという事だろう。

ワールドメイトでの活動では無いけど、ここ最近の深見先生の活動だけ見ても、世界から一流のアスリートを招いて、「スポーツ平和サミット」を開催したり。

武道館でマイケル・ボルトン、ピーター・セテラと一緒にチャリティロックコンサートを開催したり。

英国のトニー・ブレアー元首相や世界のオピニオンリーダーたちと世界サミットを開催したり。

世界的なオペラ歌手とクラシックやオペラ歌曲で共演したり。

ゴルフ殿堂入りしたスターも駆けつけた、ブラインドゴルフの世界大会を主催する・・などなど、ほんの半月かそこらのあいだに、いろいろな公益活動や社会貢献を実行されてきた。

 

そして現実的にも社会に大きな貢献をされている。

しかも半端じゃないような大きな規模で。

ほとんどが都庁や官公庁など国も後援しているくらいだから。

ということは、それだけの能力、実行力、信用、人望があるということだよね。

 

とにかく深見東州先生にかかると、不可能なことでも可能になる気がする。

事実、ありえないようなすごいことを、次々と実行されているからね。

そのように現実的にも素晴らしい実力、能力を持ち、またそれだけの努力をされていると思う。

だからこそ深見先生は本物だといわれるのだろうね。

世界の著名な人たちからも、「万能の天才」とか、「現代のレオナルドダヴィンチ」と言われるのだろう。

そういう人だからこそ、霊能力も本物だと確信できるし、神力も本物であると確信できる。

そこが巷の宗教家との大きな違いだと思う。

 

深見東州先生は、本物の神様のお取り次ぎをされるから、いつも強い神通力を発揮される。

そういう本物の神様のお取り次ぎをされる宗教家が、高い文化性や教養や芸術性をもたないはずがないよね。

そして世のため人のために、社会貢献を実行する人でないはずがないよね。

そこが本物と、そうじゃない人を見分けるポイントなのかも。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.