world mate happy

ワールドメイトっぽい日々

パンデミックにならないように祈る

投稿日:2013年4月22日 更新日:

H7N9型の鳥インフルエンザウイルスが、なかなか沈静化しない。

それどころかヒトへの感染が相次いでいる中国では、昨日感染確認が100人を超えた。死者も20人になっている。

 

3年くらい前、H5N1型の強毒性鳥インフルエンザヴィールスによるパンデミックの危険性について、多くの専門家が警鐘を鳴らしていた。

ワールドメイトでも、そのことをずいぶんと懸念していた。

今回のH7N9型の鳥インフルエンザウイルスは、それにくらべると危険なタイプではないと思われていたので、あまり心配していなかったけどね。

中国の対応も、以前よりは早いと見られていたから。

 

ところが致死率は高いし、なかなか治まる気配がない。

このままでは、パンデミックになる可能性もあるということだった。

日本の国立感染症研究所が、「人への適応性を高めており、パンデミック=世界的な大流行を起こす可能性は否定できない」とする初めての評価結果をまとめたそうだ。

それによれば、現時点で、人から人への感染は確認されていないものの、人への適応性を高めていることは明らかだとしている。

このウイルスは人間の喉や鼻に感染しやすく変化している可能性があり、症状が現れない鶏や野鳥、豚に広がって人への感染源になっている疑いがあるとのことだ。

 

さらに中国保健当局の幹部が、H7N9型の鳥インフルエンザウィルスについて、限定的な形で人から人への感染が可能であると証言したそうだ。

ひとつは上海の家族のケースで、人から人へのウィルス感染の可能性が危惧されていたものが存在していたらしい。

もうひとつは87歳の最初に認定された患者の1人が治療を受けている間、二人の息子が入院し、上海の保健当局は長男を陽性と認定、次男は父親と同日に死亡したという例があったそうだ。

この2つの家族のケースに関して、中国防疫センターの保健緊急センター理事フェン・ジジャン氏は、「現在のところ、H7N9型が、人から人への感染が限定された形で可能であることは否定できない」と述べ、人から人への感染に関する中国当局の、初めての容認発言になった。

さらにまた、中国在住のワクチン専門家からも、「 SARSの致死率は11%。今のところH7N9型の方が高く、ウィルスは急速な突然変異を遂げ、伝染力を高める可能性がある。突然、危険な状態で発生する可能性を危惧している」というように、国内からも警戒した発言が出ている。

 

約10年前に流行したサーズのときも、やはり中国が発生源だった。

2002年11月から2003年7月に制圧宣言が出されるまで、推定値で8000人以上が感染し、うち800人近くの人が世界で死亡したとされている。

世界的に旅行する人が激減し、北京では戒厳令が出される噂もあったほどの、恐ろしい感染症だった。

その流行の最中に行われたワールドメイトのGW神業で、あと3ヶ月で収束すると言われ、たしかにそのとおりに沈静化していた。

今回もちょうどワールドメイトのGW神業が始まるタイミングだけどね。

H7N9型の鳥インフルエンザがこれ以上拡がらず、沈静化するようにしっかりと祈ろうかな。

 

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.