ワールドメイトっぽい日々

18年後、氷見で皆既日食を見ることができる

投稿日:

ワールドメイトの氷見の神事は終わったけど、みんなが最も見たい人気の天体現象と言われる皆既日食が、アメリカを横断して観測された。

部分日食は、もっと広い地域で見られたそうだけど、皆既日食を見ることができる皆既帯は、約100キロほどの幅の、アメリカの14州を横断するエリアだったそうだ。

 

 

ふだんは、人がすくない地域も多く、そこに数百万とも数千万ともいう大勢の人たちが世界から詰め掛けて、天体ショーを楽しんでいたようだ。

 

 

アメリカ本土では38年ぶり、アメリカ横断になると99年ぶりの日食とはいえ、これだけ大きな話題になって、大勢の人が見た皆既日食なんて過去存在したのかな。

だいたい人が行きにくい地域でおきてるケースが多いようだから、今回は、過去最大級に盛り上がった皆既日食になったかも。

 

 

そもそも太陽に月がすっぽりと重なって見える現象には、皆既日食と金環日食があって、金環日食の時は、月と地球の距離が遠いため太陽の見かけの大きさが月より大きくなり、金の輪っかのような感じに見える。

対して、月と地球との距離が近い時は、今回のように太陽が月に完全に隠れる皆既日食になる。だから、昼間でもかなり暗くなるそうだ。

そして、太陽のコロナや、プロミネンス(紅炎)や、美しいダイヤモンドリングを見るチャンスもある。つまり、今回のような皆既日食の方が、よりドラマチックで見応えがあるよね。

 

 

 

そんな皆既日食に限っていえば、日本では2009年7月に奄美大島や屋久島で見られたそうだけど、次回は2035年9月2日まで待たなければならない。その時は、能登半島から北関東にかけての広い地域が、皆既帯になるらしい。

今回の皆既日食の最中は、ワールドメイトの神事が氷見海岸で行われていたけど、2035年のは氷見でも見ることができるようだ。

ただし18年後なので、もう、その頃はどうなってるのかわからないけどね。ぜひ氷見で見たいなとは思うけど。

 

まぁ、そこまで待たなくても、金環日食と皆既日食を合わせると、毎年地球のどこかで1、2回は発生しているそうだから、どうしても見に行きたい人は行けないこともない。

皆既日食だけでも、毎年とまではいかないけど、わリと多く発生している。ただ、今回のように多くの人が、旅行がてらに気軽に観測できる場所に現れることは少ないよね。

 

ただ来年は部分日食しかないそうだけど、2019年や2020年には、南米の広い範囲で見ることができるそうなので、また話題になりそうだ。まぁ、それでも南米まで行くようなことはないと思うけど。

 

ところで、皆既日食が話題になると、そのたびに暴動が起きるとか、大統領や王様の暗殺があるとか、半ば都市伝説のように凶事と結びついた予言が出たりするようだ。

毎年のように皆既日食はあるんだけど、まぁ、今回のように大きく取り上げられる時には、たしかに何かあるのかなーと多くの人が思っているかもね。

占星術では皆既日食は暗殺という意味もあるようだし、また、昔の人たちは、明るく輝く太陽がいきなり暗くなってしまうと、国に異変が起きると感じたとしても無理もないかもね。実際にそういうことが起きたのかもしれないし。

ということで、世界中で話題になってる今回の皆既日食だけど、アメリカ中が熱狂したんだろうけどね。あまり浮かれていると怖い気もするよね。何も起こらないことを願っているけど。

 

 

 

 

 

ところで、9月1日には、直径4キロ以上ある大型の小惑星が、地球に最接近するそうだ。月との距離の18倍もあるところを通過するので、万が一にも衝突することはないけどね。

NASAが小惑星の発見追跡のプログラムを開始して以来、地球に接近するものとしては最大級らしい。

 

小型望遠鏡でも見ることができるそうだけど、こちらは天体ショーというには、ちょっと怖い面もあるけどね。

月との距離が18倍あるから安心だと言っても、やはり今年の10月12日に接近するといわれている小惑星は、月の起動の内側を通るそうだから。月との距離の約8分の1の、静止衛星とそれほど変わらない高度まで接近する。

いつも安全圏まで離れているとは限らないわけだよね。ただ、10月の小惑星の大きさは30メートル以内のようだけど。

 

まぁ、大きくても小さくても、地球や月や人口衛星に接触しない限りは問題ないけど。

でも今年の6月30日の「国際小惑星の日」の前、ドイツの欧州宇宙運用センター所長が、「遅かれ早かれ、地球が小規模もしくは大規模な衝突に見舞われるのは避けられない」として、すぐではないにしても、「地球に隕石が衝突して壊滅的な被害が生じる危険性は非常に高い」という考えを示したそうだ。

そして飛来する天体から「自分たちの身を守る準備はまだできていない。積極的な惑星防御策は何も講じられていない」と語ったそうだ。

 

そんなことは指摘されなくても、わかってはいるけどね。もしも今小惑星が地球に飛んできたら、どうしようもないことくらいは、多くの人が理解できるよね。

弾道ミサイルの開発で、国同士で互いに牽制しあってる場合じゃないんだろうけどね。それとも、その技術が将来の天体衝突を阻止するのに役に立つことにでもなるのかな。

こればかりは、神のみぞ知るだよね。

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.