ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

世界は戦争状態!?、それは宗教戦争?

投稿日:2016年8月3日 更新日:

最近の国際情勢を見てると、とにかくテロのニュースがとても多い。それから、それとも関連して米国大統領選挙のことも話題になっている。

トランプ共和党候補の過激な発言、ポピュリズムにより、なんだかイスラム対白人のような単純な図式になりつつある。

もちろんオバマ大統領は、ISIS信奉者によるテロが起きても、これはイスラム対アメリカではないと、明確に否定しているけどね。

 

それにしても多くのアメリカ国民が、トランプの極端な考えを支持しているのも否が応でも事実なので、そこから、まるで宗教間の争いのような印象を単純に持つ人も増えるのではないかと心配になる。

そしてさらに、神がいるなら戦争が起きるはずがないとか、宗教があるから争いが起きるみたいな、単純な思考に陥る日本人が増えてしまうと困るけどね。そうやって、だんだん無神論者になる人が増えることにでもなれば、今よりもさらに争いが増えていくことになるかもしれないのにね。

 

ワールドメイトの仲間とも話すと、宗教だけでなく、そこに政治的、経済的な利権などが複雑に絡むから戦争になると考えている人が多い。まぁ、普通に考えると真っ当な意見のような気がする。

 

あるいは、宗教は単に利用されているだけと考える人もいる。宗教的な教えを信奉しているように見せているだけで、実際は教えに反する、単なる人間的な欲望や権力志向を持つ人によって紛争になっているとするワールドメイト会員もいた。それも一理あるのかなと思う。

 

ただ、個人的には、本当に信心深いように見える人でも、やはり悪いことをしてしまう人もいると思うし、人間だから感情的になって間違った選択をすることもあると思っている。神を信仰していると言っても、人間はそんなに単純なものではないと思うからね。

だから、あらゆる宗教の教えで、争いや人殺しを推奨するような宗教は皆無にもかかわらず、争いに走ったり、首を突っ込んでしまう人も出てくるんじゃないかと思う。

いくら神様を信じていても、人間は聖人君子ではないから、感情的になって争ったり、憎しみ合う気持ちも、簡単には無くならないだろうからね。

ただ神さまの信仰に目覚めた人は、できるだけそうならないように、己を戒めようと人よりも一層の努力しているんだと思う。

あと、どういう信仰心が育つかは、周りの環境にも大きく左右されるのかもしれないけどね。

 

 

それから、違う宗教や宗派を信じたからとか、あるいは教えに背いたからというので、相手を殺してしまうというようなことは、現代でも聞くよね。
それは、日本人からすると、ちょっと理解しづらい宗教観、文化の違いかもしれない。

 

インドやイスラム圏で頻繁に起きている名誉殺人なんかもそうだよね。あそこまでやるというのは理解に苦しむ。

ただし、それがイスラム教やヒンズー教の教えからくるものかと思ったら、それはどうやら違うようで、多少絡む部分はあるにしても、根本的には地域の長年の風習や慣習の影響が大きいそうだ。

まぁ、現代では人権や法律がそういう殺人を許さなくなってきているから、だんだん無くなるといいけどね。

そういう意味でいくと、現代の日本には、そんな名誉殺人のようなことも見られないし、また、宗教の違いや信教の自由に関しても、どこの国よりもおおらかで、寛容性が高いから素晴らしいなと思っている。

 

それで個人レベルでいくと、宗教の違いによる感情的な争いはまだまだ見られるにしても、それが国家間になると、バレスチナ問題にしても、シーア派とスンニ派の争いにしても、宗教間の紛争のような印象を持つけども、実は政治的、経済的な問題で争っているらしい。

まぁ、家庭レベルにおいても、一見宗教への無理解からくる争いが起きることはあるだろうけど、それもよく見ると、もともと家庭内に問題があったり、経済的な問題だったりと、そんなことも多い。

なので、国家間の紛争もそれと同じとは言わないけども、多くは政治的な問題、経済的な問題であって、それを解決することができれば、宗教や文化の違いはあっても、なんとか共存できる道はあるのではないかと思う。

いずれ賢い政治家がたくさん出てきて、政治的な解決をしてくれないかなと期待しているんだけどね。

 

 

深見東州先生の友人である、あるエジプトの外交官の話では、中東の問題(紛争)は宗教の問題ではなく、政治の問題なんですよというようなことを、以前、世界オピニオンリーダーズサミットで力説されていたことを覚えている。

 

また、最近フランス北部の教会で、ISISの名の下にテロ実行犯が神父を殺害したけど、その後フランシスコ・ローマ法王が、次のようなことを述べていた。

世界はしばらく前から「断片的な戦争」の中にあるとの見方を示し、殺害された神父も、こうした紛争の犠牲者の1人だと述べていた。

そして、「世界は戦争状態にある。なぜなら平和が失われたからだ。利益をめぐる戦争やカネをめぐる戦争、天然資源をめぐる戦争、人々を支配するための戦争が起きている」と指摘した。

また、「宗教戦争だと考える人もいるかも知れないがそうではない。あらゆる宗教は平和を欲している。戦争を欲しているのは他の人々だ」と語ったそうだ。

ローマ法王の発言は、とても大きな影響力を要するだけに、今後、政治解決への道が開かれていけばいいけどね。

 

さらに法王は、「イスラム教徒がテロリストだと言うのは間違っている」と述べ、問題は過激派組織イスラム国などの原理主義組織にあると強調して、イスラム教を擁護する発言もしていた。

 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.