ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

日本も、MERS(中東呼吸器症候群)感染への警戒を強める

おとなりの韓国では、MERSの感染がだんだん拡がっている。これ以上拡がらないようにしないとあぶない。

過去にも何度も新型ウィルスによる感染拡大の危機があり、ワールドメイトでも祈願をしてきたけどね。

日本では幸い大きなことにならなかったものの、いつ危険な状況になるかもしれないからね。

 

MERSは、2012年にサウジアラビアで初めて確認されたウイルス性の感染症で、MERSコロナウイルスと呼ばれる新種のウイルスが感染源だ。2003年のサーズの原因と同じコロナウイルスの仲間らしい。

すでに、この6月2日までに世界25カ国、1154人の感染が確認され、431人が死亡しているので、致死率は40%に上る。

今のところこれという治療法がないので、症状に合わせて治療をするしかできないそうだ。

 

NHKでは、人から人への感染は医療機関の中や家族の間などに限られていて、感染力は強くないと考えられていると報じてはいるけどね。

そのわりには韓国で、かなり早い広がりを見せているのが気になる。

昨日の時点で、感染者30人のうち死亡した人が2人いる。そして検査中が99人で、隔離対象者は1400人に迫っているらしい。

韓国では初期対応の失敗を指摘されているので、かなりの感染予備軍がいる可能性がある。

京畿道のある地域だけで1400人以上の学生が高熱など風邪の症状で調査を受け、一部の学生は熱がひどく、数日間学校を欠席しているそうだ。

 

日本の厚労省は、「韓国での感染は限定的で、すぐに日本に流入する状況ではない」との見解だけどね。

今後警戒を強め、韓国からの入国者に対し、感染疑いのある人と接触したかなどを確認するよう検疫所に通知したそうだ。

これ以上感染が広まらず、死者も出ず、収まっていくように、ワールドメイトで祈りたい。

 

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

10

コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

11

7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

-ワールドメイトと国内の動きや世界情勢