コスモアイル羽咋

半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援

アルバトロスと羽咋市の宇宙船伝説

投稿日:2016年7月1日 更新日:

能登半島の羽咋市で開催されたISPSハンダグローバルカップは、日本のゴルフファンにとっては、世界との壁を見せつけられた結果に終わってしまった。

それは残念なところだけどね。

 

ところで今回の大会では、アルバトロスというホールインワンよりも確率が低いという記録が二つも出ていた。同一の大会で2回も記録されるというのは、日本ツアーでは初のようだ。

パーより3打少ない打数で終わるわけだから、パー5の所を2打で上がるか、パー4でホールインワンするかになる。これはパー3で、ホールインワンを記録するよりもはるかに難しいらしい。

それが2度も出たんだから、すごい確率になるそうだ。宮本勝昌と武藤俊憲の2選手が達成していた。

アルバトロスという名前は、絶滅危惧種に指定されているアホウドリの英名だそうだ。日本では尖閣諸島とか、小笠原諸島など、限られた離島にしか生息してない鳥らしい。会場となった朱鷺の台カントリークラブの朱鷺も、絶滅危惧を超えて野生絶滅になってるけど、シンクロしたのかな。まあ、これは余談だったけど。

 

それで、この羽咋市は、以前チラッと紹介したけど、「ナポレオンの村」というドラマのモデルになった高野誠鮮という人が住んでいる街だ。

そのドラマは見てないけど、高野誠鮮さんは、本当は住職だけども羽咋市の臨時職員になり、地元の古文書に記されていた「神力自在に空を飛ぶ物体」に着目し、UFOを町づくりに生かす戦略を発案した人だ。

そして、本物を置いた博物館を作ることにこだわり、米航空宇宙局(NASA)やロシア宇宙局と直談判して交渉に成功し、宇宙船や関連機材などを調達してきたというスゴい人物なのだ。

 

たしか、ワールドメイトでの深見東州先生のお話にも、一度出てきたと思う。なんでも真正面からぶつかっていき不可能を可能にし、切り開いていくところなんかは、ジャンルは違うけど、まるで深見先生のような人だなと思った。

 

そうやって、1960年代に旧ソ連が打ち上げた「ボストーク宇宙船」や、米国初の有人飛行計画「マーキュリー計画」で使われたロケットなど、超一級の貴重なものを集め、1996年に「コスモアイル羽咋」がオープンした。それは、全国の宇宙ファンを魅了する本格的な施設で、日本ではここにしかないものなので、毎年多くの人が訪れるそうだ。

今回、ISPSハンダグローバルカップの会場や記者会見にも登場した宇宙人サンダーくんは、そこでアルバイトしているという設定だ。どうやら宇宙に帰るための資金を貯めているらしい。

 

コスモアイル羽咋

円盤のような形をしたコスモアイル羽咋。右手にロケットが見える

 

今回のゴルフ開催のテーマの一つは地域おこしなので、ゴルフの試合会場にもサンダーくんはやってきて頑張ってバイトしていたようだ。

そして、世界の強豪と日本選手の活躍を見ようと、はるばる能登の朱鷺の台カントリークラブまで、8000人以上の人が来たそうなので、地方起こしにゴルフの試合が一役買うことができたようだね。

 

ちなみに、もう一つのテーマであるスポーツの社会貢献については、1億円の賞金の5%に当たる金額が、チャリティーとして社会貢献活動に寄付された。

ガラディナーで、羽咋市の市長さんや、日本高等学校ゴルフ連盟、日本ブラインドゴルフ協会に目録が渡されたそうだ。

また、羽咋市の小・中学生の社会見学の授業の一環として、大会本部やプレスルーム、そしてグリーンで試合を見学するなど、地域の活性化にもなったようだ。

 

話を高野誠鮮さんの町おこしの話に戻すと、念願がかなって、以後、羽咋市のメイン観光地となる「コスモアイル羽咋」が建設され、それが今年の7月で開館20周年を迎えるそうだ。

スゴい偶然というかタイミングで、今回のISPSハンダグローバルカップが開催されていたんだなと思った。ただ、それが言いたかっただけなんだけどね。

 

ついでに、3つ目のテーマのグローバル化については、今大会は日本選手にとって厳しい結果になったけど、考えようによっては、これを機に男子ゴルフのグローバル化が進み、男子ゴルフの未来を変えていくきっかけになるかもしれない。

有望な若い選手が、早くから海外へ出て海外選手の中で揉まれないと、日本選手も日本の男子ツァーの底上げも難しいだろうなということだけは、素人目にもわかったからね。

そういうことで、今大会のテーマであった、グローバル化、社会貢献、地方活性化の3つテーマは、どれもテーマに沿った成果を上げたのではないかなと思った。

 

6/29日刊ゲンダイ

6/29日刊ゲンダイ

 

 

あと、これはゴルフとは関係ないニュースだけど、メンダコが長生きしているニュースを見つけた。この生き物が、宇宙人のように見えるんだけどね。サンダーくんよりも宇宙人ぽくない?

 

 

それから、この阿蘇のドームハウスのニュースも、なんだか円盤のように見えるんだけど。
 

地震に強い…被害わずか、600人避難
 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-半田晴久ゴルフ、サッカー、スポーツ支援
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.