「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」8回目のお話は、受験生に贈る言葉

投稿日:2015年12月17日 更新日:

先週の深見東州先生のラジオ番組「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」のテーマは、「蚕は黙って桑を食む」という諺を引用された、入試前で苦しむ受験生への元気が出るアドバイスだった。

ワールドメイトよりも、さらに10年前に予備校のみすず学苑を設立されたけど、さすが受験生の気持ちがよくわかってあるなぁと思った。

ご自身も受験勉強ほど苦しんだものはないと言われていた。

誰よりも苦しんで葛藤したから、その反省を踏まえて予備校を作った時には、その経験がすべて生きてきたそうだ。

受験生の悩みそうなことはほとんど体験されたそうだから。

そうやって予備校を作って、受験で苦しむ生徒が立派に大学に行けるようにするために今日まで苦労されてきたのだろう。

 

ちなみに話は飛ぶけど、みすず学苑はワールドメイトとは関係なく、もちろん経営母体ではないからね。

深見東州先生がみすず学苑とワールドメイトのトップというだけだから。

上智や青学や雙葉やフェリスとかのミッション系の学校は、欧米の教会のミッション(伝導局)によって設立されたから、大学はともかくとしても、中学や高校では毎朝チャペルでの礼拝に参加しなくてはいけないそうだ。

うちは仏教だからといってもそれは通じないらしい。キリスト教の宗教の授業もある。

だけど、別に信仰を押し付けるようなことはしないそうだ。

なぜか優秀な学校が多いし、よほどキリストが嫌いなら別だけど、宗教組織が建てた学校だから嫌だというのはむしろ損になるよね。

 

そして洗足学園や津田塾大学のように、ミッションではなく、単に創設者がクリスチャンだったという学校もあるそうだ。

そういうところはキリスト教主義ではないから、礼拝もなく授業もなく普通と変わらないらしい。

みすず学苑も、いわばそういう感じになるんだと思う。

みすず学苑の設立者が、ワールドメイトができてからその代表もしているだけだから。

まさか受験生に神道の授業をするわけがないし、予備校だから受験に必要なこと以外を教えるはずがないよね。

 

話を戻すけど、深見東州先生はみすず学苑を38年間経営してきて、時代は少子化になってきたにもかかわらず、予備校の経営はずっと安定しているようだ。

まぁ、あの個性的なコマーシャルも、いろんな意味で評判になっているし、関東ではみすず学苑といえば有名のようだしね。

でも本当の理由は、おそらく勉強方法や教え方に、深見東州先生しか考えつかないようなものがあり、実際にそれが合格率の成果となって出てくるからこそ、経営が安定して続いているのだと思う。

受験の結果が悪かったら淘汰されてしまうし、結果が良くても経営方法がずさんであれば、やはりダメになるだろうからね。

予備校の経営は甘いものではないだろうから、やはり経営者の力量が大きいと思う。

 

こちらから12月11日の、その放送分が聞ける。受験生だけでなく、サラリーマンにも応用できるお話だった。

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」スマホで聞く人はこちら

パソコンで聴く人はこちら

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
-

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.