ワールドメイトっぽい日々

ワールドメイトに入会すると洗脳されるという人が、実は一番洗脳されている人なのかも

投稿日:2015年9月28日 更新日:

ときどき、なにがきっかけでワールドメイトに入会したのかを、ワールドメイト会員同士、お互いにはなしたりする。

最近知ったのは、深見東州先生の本を読んでワールドメイトに関心を持ちながらも、宗教団体だと知って引いてしまった経験を持つ人が、けっこういたことだ。

でも結局入会すると、まったく気にならないどころか、ワールドメイトは宗教団体だから怪しいとか、変じゃないのという観念で勘違いをしていたことに気がついたそうだ。

 

冷静に考えると今の風潮はたいした理由も根拠もなく、宗教団体というだけで、それも新興宗教というだけで怪しいとか怖いとか、そう思う人が多いよね。

それは、オーム真理教がサリン事件を起こして以来、その後も何度か宗教団体が問題を起こして、それをマスコミやメディアが大々的に報道し続けた結果なのだろうね。

本当はわずかな宗教団体だけが問題なのであって、大多数は関係なかったんだけどね。

 

そしてインターネットの爆発的な普及によって、一般人も自由に投稿するようになってから、真偽のわからない情報が入り乱れ、結果的にネガティブな方向に一層加速したように思う。

その結果多くの国民の思考に、とくに若い世代に、そういう風潮が自然と出来上がってしまうほどになったようだ。

皮肉なことに、宗教団体に入会すると洗脳されるという人が、実は一番間違った情報に洗脳されてしまっているから面白い現象ではあるけどね。

 

これは、中国や韓国で行われている反日教育と似たようなものかもしれない。それを国家が止めない限りは、日本に対する中国人や韓国人の誤解や偏見がなくならないのと同じようなものかもしれない。

それでも実際に日本に来て、日本に住んで、日本人の状況に触れて、日本は本当は素晴らしい国だということを、ネットに投稿する中国人、韓国人もいるからね。

また中には、日本の正しい歴史を知って、自国の教育が間違った内容を教えていたことを指摘する人もいるよね。

ワールドメイトもそれと似ていて、入会して、活動に参加して、支部でワールドメイト会員同士で話したりすると、入会する前まではなにか怪しいと思っていた人も、怪しいどころか楽しいところだったことがわかってくるようだ。

そして、宗教団体に対する世間の風評が、偏見や思い込みだったことに、だんだん気がついてくる。

 

深見東州先生のことに関心があって、ちょっと不安もあるけど、とにかく入会してみなければわからないと思ってワールドメイトに入会した人がけっこういる。

でも入会すると、実際は思った以上に素晴らしいところだったので、良かったという人がほとんどだった。

食べず嫌いをするよりも、とりあえず食べて味わってみて、はじめてその美味しさが理解できるのと同じだと思う。

さすがに毒入りだと困るけどね。

でも、まずかったら吐き出せばいいというくらいの軽い気持ちでいるほうが、美味しいものに出会えるチャンスが多いと思う。

これは音楽でも小説でも、人生全般のいろいろなことにも言えるよね。

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたということは、テレビ東京の取材を受けられた ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-ワールドメイトっぽい日々

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.