深見東州先生の公益活動や平和への貢献

「第4回世界オピニオン・リーダーズ・サミット〜オバマ前大統領との対話」に行ってきた

投稿日:

まず、主催者である世界開発協力機構総裁の深見東州(半田晴久)先生が、自己紹介とオバマさんの業績などをお話しされ、その後、オバマさんが登場した。

オバマさんをまじかで見たのはもちろん初めてだけど、こんなに頭が白い人だったんだと、はじめに思ってしまった。

まぁ、そんなことはいいとして、それから約1時間ほど、世界開発協力機構の上級顧問であるブレンダン・スキャネル元駐日アイルランド大使の質問に、オバマさんが答えていくような形で行われた。

当然、政治に関する話題が多かったけど、オバマさんは時折ジョークを交えながら、身振り手振りを交えてとても真摯に対応してくれていた。

 

イヤフォンをつけて同時通訳で聞いた。少しわかりづらいときもあったけど、この手の話になると専門用語も多いだろうから通訳する人たちも大変だろうなと思う。

内容は、すでにニュースや動画などでいろいろ紹介されていたので、そちらを見てもらおうかな。メモってなかったし。

 

 

今回、深見先生は最初だけしか出られなかったけどね。

 

 

 

反対意見封殺「危険」とオバマ氏 - 共同通信

オバマ前米大統領が25日、東京都内で対話イベントに出席した。任期を振り返り「あえて反対意見に耳を傾けるようにしていた」と強調、賛成者で周りを固めるのは「危険だ」と述べ、名指しは避けつつも政権高官の更迭を繰り返すトランプ大統領を暗に批判した。自身が取り組んだ核軍縮について「将来の世代を守るためにも今、種をまくべきだ」と訴えた。
NPO主催の「世界オピニオン・リーダーズ・サミット」で登壇したオバマ氏は、米国の現状に関し「人々は自分の世界観に合ったニュースを選ぶようになり、偏っている」と指摘。客観的な事実に基づき議論すべきだと呼び掛けた。(共同)

 

人から否定されることも大事なことだと言われていた。よくミシェル夫人や娘からも、それは違うでしょって言われるらしい笑

 

オバマ氏「北朝鮮は本当の脅威」=米大統領の心得指南も - 時事通信

オバマ前米大統領は25日、東京都内で開かれたNPO法人「世界開発協力機構」主催の「第4回世界オピニオン・リーダーズ・サミット」で講演し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮は「本当の脅威だ」と述べ、問題解決のため圧力をかけ続けるべきだと訴えた。

米朝首脳会談の実施というトランプ大統領の方針には触れなかった。2017年1月の退任後、オバマ氏の来日は初めて。

オバマ氏は、北朝鮮に制裁は効きにくいものの、圧力路線の継続以外良い策はないとの認識を表明。「北朝鮮は最終的に他国を攻撃するかもしれず、そうなればわれわれは自らと同盟国を守らなければならない。ただ、命の代償は非常に大きく、できるだけ避けなければいけない」とも強調した。日米関係をめぐっては「戦後つくり上げた友情の絆を守ってほしい」と聴衆に呼び掛けた。

オバマ氏はまた、自身の経験を踏まえた大統領の心得として「政権内の人間が一方向しか向いていないのは危険だと思い、あえて対立する意見に耳を貸した。異論を唱えてくれる人が必要だ」と指摘した。トランプ大統領は、国家安全保障担当の補佐官ら肌が合わないとされる幹部を次々と交代させている。

 

日本は福島の原発事故があってから石炭を使うようになったけど、変えていかなくてはいけないと言っていた。それはアメリカも同じだということだけど。

大統領時代の成果として、一番はこの地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」にこぎつけたことで、次は医療保険制度の改革だったと言っていたと思う。

 

オバマ前大統領 東京都内で講演 トランプ大統領を暗に批判 - NHK

退任後、初めて日本を訪れたアメリカのオバマ前大統領は、地球温暖化対策について「今、対策を取らなければ、高い代償を支払うことになる」と述べ、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から脱退を表明したトランプ大統領の決定を暗に批判しました。
アメリカのオバマ前大統領は、去年1月に退任してから初めて日本を訪れ、25日午後、都内で講演しました。

この中で、オバマ氏は、地球温暖化対策について「今、対策を取らなければ、高い代償を支払うことになる。パリ協定は私のいちばん大きな成果と自負している」と述べ、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」から脱退を表明したトランプ大統領の決定を暗に批判しました。

 

派手なパフォーマンスはないけど、とても知的で、人柄の良さも滲み出ている感じがした。本当に世界の平和を願い、人類の行く末も心配しているように思う。まぁ、それが米国大統領としての評価につながるかどうかは別だろうけど。

アフリカ系の初のアメリカ大統領になったわけだけど、人に言えない苦労や差別なんかもたくさんあるよね。そこは見せないけども、そういう中でのし上がっていく過程で、一見するとクールな感じに見える雰囲気になっていったような気もした。

でも笑顔がとても感じ良かったけどね。

 

 

 

 

今、読まれている記事

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本命に上がっていなかったエンゼルスに決まったけどね。 まぁ、球団の名前にはとても親 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚いた。 まぁ、深見東州先生も出られていたので、テレビ東京の取材を受けられたんだろう ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事を書きながら、改めて熱田の神様の功徳の大事さを感じてしまった。というか、忘れかけ ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。   Quick Japan vol.127   舞浜でのデ ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲載されてるとワールドメイトで聞いたので購入してみた。 世界有数の経済誌ということ ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを感じた。 神様にはいつも祈るけども、最近あまり守護霊さんのことを意識してなかった ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言われた言葉がある。 この我は、当然1人称だと思うので、この鏡を(私)天照大御神様 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出るようなお話が多かった。   興味深かったのは、まずお料理のお話。料理は ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 その慧能禅師というのは無学文盲だったけど、達磨大師を初祖とし、その法を継承する禅宗 ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきたサミットを見た人なら、よく理解できると思う。 ワールドメイトでのお話や、メルマガ ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)について、もう少し詳しく見てみた。   この病院は1998年に、カンボジア ...

-深見東州先生の公益活動や平和への貢献
-,

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2018 All Rights Reserved.