worldmate happy

ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

トランプ政権による「気候変動と地球温暖化問題」政策転換の動き

投稿日:2017年1月24日 更新日:

ワールドメイトの神事は続いているけど、トランプ大統領就任後、予想通りオバマ政権で進めていたことを覆したり見直す発言が、いよいよ現実に向けて動き出している。

トランプ大統領が何度も言っている「アメリカ・ファースト」は、要するにアメリカの経済を最優先する政策、アメリカ本土を守る政策を、今後最優先で行うということだよね。

そして「権力をワシントンからあなたたちに移行する」と言ってるから、今までの米国政府はグローバル化を推し進め、多国籍企業や海外の企業にあまく、また、海外の国の安全保障の為に多くの軍隊と費用を割いてきたので、国内の企業がダメになり雇用も失われ、国内の国境を守ることもできなくなったと言いたいのだろうね。

安全保障の面ではそう言う面もあったと思うけどね。

 

しかし、経済のグローバル化の流れに逆行することなんかできるんだろうか。

グローバル化で一極集中が進むと、勝ち組と負け組がはっきりするのはわかったし、それが格差の開きにつながるのもある程度理解できるけど。

だからと言ってそれに逆行して、保護主義的になってしまうと、結局は消費者も高いものを買う羽目になるし、かえってマイナスだよね。それで雇用が安定し賃金が上がり、みんなのお金に余裕ができるというのなら話は別だけど。

アメリカ人の仕事を奪うということで、「TPPから離脱する」大統領令に署名していたけど、本当にやる気のようだ。

 

しかし保護主義的な政策をやったからと言って、今のアメリカの失業者とか低賃金の人たちの生活が必ずしも良くなるとは思えないけどね

「アメリカ製品を買い、アメリカの労働者を雇う」と言ってるけど、工場をメキシコではなくアメリカに作っても、一時的には良くなったとしても、労働賃金が高いと将来的にロポットを導入する動きなどが加速するだけのような気もするし。

 

また、相手国があるわけだから、相手の国も貿易において報復に出てくるだろうし。そうなると経済効率が悪くなるし、成長は鈍化し経済が縮小しかねないよね。

今はごく一部の人に富が集中しているようなので、うまく再配分する仕組みがあればいいけど。

そして、企業から求められている人材と失業者がマッチングしてないのも、大きな問題のような気がする。

 

それからトランプ政権では防衛費の削減をやめ、「我々の軍は、アメリカを守るためにあらゆる手を講じる必要がある。 他の国家が、我々を軍事力で上回ることを許すことはできない。トランプ政権は最高レベルの軍事的準備を追求する」ということらしい。

一方では、日米安保や北大西洋条約機構を見直し、関与を薄めるのか、費用を求めてくる可能性が言われている。

だから、軍備の増強といっても、世界の平和に寄与するためというよりも、とにかくアメリカの国民を守るということを全面的に強調したやり方を進めるのかも。

 

中国に対しても、南シナ海での人工島軍事施設建設を強く牽制しているけど、アジアの安全保障や公海の秩序を守るのに関与するというよりも、米国の利益を守ることを確実にするためということのように聞こえる。

ロシアに対しては、まだよく分からないけど、ISの掃討においては共通の国益のために、互いに協力する姿勢のようだ。そしてイスラム原理主義に対しては、地球上から抹殺すると言ってるけどね。

 

それから、「イランや北朝鮮などの国」と名指しして、これらの国からミサイル攻撃を防ぐ最新のミサイル防衛システムを開発すると言ってるから、自国の防衛をとにかく強化するための軍備増強なのだろう。

 

しかし、ワールドメイトでもっとも懸念しているのは、トランプが地球温暖化対策を止め、パリ協定からも脱退するんじゃないかということだよね。

早速、温暖化対策に批判的で、環境規制強化を進める環境保護局を何度も訴えてきた人を環境保護局長官に指名したし、ホワイトハウスのWebサイトからも、「気候変動と地球温暖化」の言葉をすべて消し、気候変動に関するページも、完全に削除したそうだ。

 

北極の海氷

 

このブログでも何度か書いたけど、昨年は本当に暑い年で、3年連続で地球平均気温を更新した。

エルニーニョがその原因と言われているけど、その影響がなくても、石油やガスなどの化石燃料の燃焼によって排出される温室効果ガスの増加だけで更新しただろうと、専門家は見ているそうだ。

 

特に北極での異例な気温上昇もあり、北極海の海氷面積は昨年9月には、過去2番目の低水準になっていた。

また、二酸化炭素(CO2)とメタンの大気中濃度も過去最高となったことがわかっている。

エネルギーに起源するCO2の年間排出量は、過去最高だった2013年からは、14、15年とほぼ横ばいになっているそうだけど、まだ減少に向かうところまではいってない。

日本は、節電・省エネ、再エネの伸びなどによってやや減少に向かっているけど。

 

 

地球温暖化によって引き起こされる様々な気候変動は、自然環境や生活環境に重大な影響を与えてきたし、経済的な損失も大きく、経済の繁栄にも脅威になっている。

また今後は、地球規模の安全保障の問題にもなってくるだろうから、これは世界が経験する最も深刻な問題の一つになるよね。

ワールドメイトでも、地球温暖化の問題については、引き続き祈り続けたい。

今、読まれている記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
happy

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

おすすめ記事

1

それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのかなと思っていたら、本 ...

2

今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突かれたのでさすがに驚い ...

3

前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶりに読んでみた。 記事 ...

4

Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入記事が書かれている。 ...

5

初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先生のインタビューが掲 ...

6

ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけど、何か新鮮なものを ...

お鏡 7

古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照大御神が瓊瓊杵命に言 ...

8

ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか、とてもやる気が出る ...

9

ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載っている有名なものだ。 そ ...

10

今回も、なかなか面白いお話がたくさん聞けた。 深見先生のロジックの力、説得力、表現力の素晴らしさは、過去に開催されてきた ...

11

カンボジアのバッタンバンにある、ワールドメイト救急病院(World Mate Emergency Hospital)につ ...

-ワールドメイトと国内の動きや世界情勢

Copyright© ワールドメイト ハッピー , 2019 All Rights Reserved.