深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術

深見東州バースデー個展、「れでぃ画画のような肩こってんのほぐれる個展!!」が開催

今日は、ワールドメイトの深見東州先生の、今開催中のバースデー個展を紹介。

 

 

ここに掲載されてる絵画作品だけ見ても、そのバラエティに富んだ作風がわかるかと思う。

 

 

前回紹介した音楽分野においても、ボーダレスでなんでも歌われるけど、絵の世界でも、同じくボーダレスであらゆる種類の絵を描かれる。

だから、初めて見る人なんかだと、10人くらいの画家が描いてるように思うようだ。

 

そもそも洋画を描く人だったら日本画を描かないし、日本画を描く人は洋画を描かないよね、まったく描き方が違うから。

その洋画も、油彩からアクリル画、パステル画、水彩画と全く自在だし、中国から伝わった水墨画から、いわゆる日本画まで、バランス良く描かれてきた。

そのどれもがハイレベルな技術で、ぜんぶ素晴らしい。

個人的にはアクリル画で描かれた抽象的な絵画が、特に印象に残っているけどね。

 

宇宙を描かれると、深見先生の右に出る人はいないと聞いたけど、それも間違いないと思うけども、抽象的な、独創的な発想で描かれた絵画は、深見東州先生以外には描けない作風だと思う。

今回、新作の作品数が多いと聞いたけど、どんな作品になっているのか、とっても楽しみ。

 

こちらは、深見先生のかわいい絵柄のなかから選ばれて、マグカップになったものたち。

ワールドメイトでも大人気のマグカップだ。

自分も、ネコとリスと金魚を持っているけどね。

新着記事

ワールドメイト ハッピー

happy

ワールドメイトでハッピーになった人、人生が変わった人、自分でも気が付かなかった才能が芽生えた人は、たくさんいる。世界中で多様な活動をしている深見東州先生の影響かな。そんなワールドメイトと深見東州先生の活動や考え方を紹介したいなと思って。そして、信仰は抹香臭いものではなく、本当は楽しくて、人を豊かにするものだと思って書いてるよ。

    おすすめ記事

    1

    それほどの野球ファンではないのに、大谷翔平選手のことがとても気になっていた。 マリナーズに決まるのか ...

    2

    今年も、あと数日で終わりになるけど、最後になってワールドメイトのことがテレビに出るとはね。ふいを突か ...

    3

    前回、熱田神宮のことを書いたけど、それを書くのに深見東州先生著作の「日本霊界風土記 熱田」を久しぶり ...

    4

    Quick Japanの最新号に、7月に開催された「深見東州武道館オリジナルソングコンサート」の潜入 ...

    5

    初めてForbes JAPANという雑誌を買った。普段はこんな経済誌を買うことはないけど、深見東州先 ...

    6

    ワールドメイトで、久しぶりに「守護霊を味方にする秘伝」のアニメを見た。 何度も見たことがあるはずだけ ...

    お鏡 7

    古事記に、「此れの鏡はもはら我が御魂として、吾が前を拝(いつ)くがごとく、斎(いつ)き奉れ」と、天照 ...

    8

    ワールドメイトの氷見の神事では、いろいろためになるお話をたくさん聞くことができた。ためになるというか ...

    9

    ワールドメイトで、慧能禅師の風幡問答の話を聞いたことがある。 これは、無門関という説法集にも載ってい ...

    10

    コロナが発生したおかげというのも変だけど、最近のワールドメイトは、オンラインによる新しい形での神業も ...

    11

    7年前のラジオ放送になるけど、今日はそこで話された深見東州先生のお話から紹介しようかな。 お金に関す ...

    -深見東州先生とワールドメイトの文化、芸術
    -